花巻東・佐々木監督が語る菊池、大谷の高校時代「私自身も経験しておけば」

 スポーツ界に多大な貢献をした個人・団体を称える「日本スポーツ学会大賞」の表彰式が22日に行われ、花巻東高の佐々木洋監督、マリナーズからFAとなっている菊池雄星投手、エンゼルスの大谷翔平投手が選出された。佐々木監督は母校・国士舘大世田谷キャンパスで行われた表彰式に出席。表彰式後には、菊池に“謝罪”する場面があった。

 菊池と大谷との思い出を問われた時だった。佐々木監督が菊池について「学校の歴史を作ってくれた選手。大きな扉を開けてくれた」と称えた後に、左腕に謝意を表した。

「菊池雄星選手を預かった3年間があって、大谷翔平選手をうまく育てられるようなことができたような気がしてですね。雄星選手にはちょっと申し訳ない。私が経験不足なところもあって、遠回りさせているんじゃないかなと心苦しく思います」

 大谷は菊池に憧れて花巻東高に入学。佐々木監督は大谷へ「雄星を超えよう」と声をかけてきたという。

今も期待「大谷翔平投手もすごいですけど、もっとすごいのが菊池雄星」

「(大谷は)雄星に憧れて入学してきた。雄星を超えるようにしていこうと。雄星に断った上で、ですね。失礼な発言をするかもしれないけど、(大谷に)そういう気持ちを持たせたいと。常に超えていこうとやってきました」

「大谷選手でうまくいったところで言うと、何か私自身も経験しておけば、もうちょっと最短でいいところに雄星選手を持って行けたんじゃないかと。心苦しいところがあるんですけど、こっちが学ばせてもらうことが多かったです」

 人材育成は何もかもがうまくいくわけではない。佐々木監督にとって、スケールの大きな菊池との3年間はかけがえのない財産となったようだ。もちろん、今も菊池への期待は大きい。「大谷翔平投手もすごいですけど、もっとすごいのが菊池雄星だと思っているので。世界ナンバー1の左投手になってほしいと常に思っています」と語った。

 当の菊池は佐々木監督から学んだことは多い。この日のビデオメッセージでは「目標をとにかく大きく持ちなさいとずっと言われてきた。今も自分の信念としてありますし、常に目標設定用紙を書きながら、毎日日誌を取りながら、自分の目標はなんだ、夢はなんだと常に考えて過ごしています」と明かした。恩師の教えは今も生きている。(小谷真弥 / Masaya Kotani)