「審判を敵に回して、いいことはひとつもない」

 プロ野球では、「審判」に注目が集まるケースが続いている。14日にはロッテ・井口資仁監督が球審の判定に抗議し、侮辱的発言を行ったとして退場。翌15日にも同じロッテのブランドン・レアード内野手が球審へ暴言を吐き、チームで2日連続の退場となった。さらに、佐々木朗希投手と審判との“騒動”が物議を醸したケースも。こんな時だからこそ、審判団に対する“本音”を元捕手に聞いてみた――。

 14日のオリックス戦で、ロッテはわずか1点ビハインドの9回2死一、二塁のチャンスでエチェバリアがカウント3-2から見逃し三振に倒れてゲームセット。井口監督はラストボールの判定について福家英登球審に猛抗議し、試合終了後ながら退場処分を科せられた。翌15日の同カードでレアードが見送り三振した際に暴言を吐いた相手は、白井一行審判員だった。

 現役時代にヤクルト、日本ハムなど4球団で21年間捕手として活躍した野球評論家・野口寿浩氏は、大前提として「審判には監督、コーチ、選手を退場にする権限が認められていますが、逆は一切ありません。特にストライク、ボールの判定はリクエストの対象外であり、文句を言っても始まらないのは明白です」と強調する。

 確かに、実際の試合ではスルーされることも多いが、野球規則では、審判の判定に異議を唱えることは許されていない。特にストライクやボールの判定に対しては、監督がベンチから本塁方向へ歩み出した時点で警告。警告に関わらず球審に近づけば退場になると明記されている。

 野口氏は「審判を敵に回して、いいことはひとつもありません。審判も人間ですから、当該審判はもちろん、別のクルーの審判から“判定に文句をつけることが多いチーム”とマイナスのイメージを持たれることも、百害あって一利なしです」と話す。

積極的にコミュニケーション「いい関係を築いておくことに越したことない」

 現役時代には球審に最も近いポジションにいる捕手として、審判団と積極的にコミュニケーションを取るよう心がけていたと言う。「春季キャンプを訪れる審判団には、野球以外の雑談を含めて話しかけていました。いざ試合となった時、微妙なボールの判定に対して思わず『入ってませんか?』『そこは取ってもらえませんか』と言っても嫌味に受け取られないように、いい関係を築いておくことに越したことはありません」と明かす。

 最近は“AI審判”導入の論議も盛んだが、野口氏は「人間味が薄れるなどの論議以前に、根本的な疑問があります」と首をひねる。「機械である以上、誤作動もありうる。たとえ0.1%であっても、“判定なし”となったり、明らかにど真ん中の球をボールと判定した場合、いったい誰が責任を取るのか。“ノーカウント”では、投手側が球数を損することになります」と問題提起する。

 もちろん、一方で「審判はルールによって守られているわけですが、そこにあぐらをかいてほしくない。技術向上に努めてほしいのは当然です」と釘を刺す。「人によってストライクゾーンの広い、狭いがあるのはやむをえない。プレーヤー側が傾向を把握し、対処すべき問題と言えるでしょう。ただし、1試合のうちで同じコースを取ったり取らなかったり、一貫性がないのは困る。一部の若い審判員にはそういう判定も見受けられます」と指摘するのだ。

 現場を知る者ならではの気付きもある。最近は、球審がホームベースの真後ろでなく、内外角どちらかに寄っているケースが目立つと言う。「ファウルチップが怖いのか、捕手の後ろに隠れるようにしている球審がいます。ああいう位置では正確な判定ができないはず。ファウルが怖いなら、昭和時代のように、体がすっぽり隠れるくらい大きなプロテクターを持ってくればいい」と提言。また、捕手の背中に手を置く球審もいるが、「口には出しませんが、実はあれ、捕手としては気になるのでやめていただきたいのですよ」と苦笑した。

 常に両チームが判定に100%判定に満足することは、ほぼありえない。審判とチーム側がお互いに技術を磨きながら、良好な関係構築に努めることが求められているのかもしれない。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)