大谷は初回2死一、二塁でカルフーンから空振り三振を奪った

■レンジャーズ 6ー5 エンゼルス(日本時間19日・アーリントン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、敵地で行われたレンジャーズ戦に先発し、6回を6安打7奪三振2四球2失点。勝敗はつかなかった。かつての同僚コール・カルフーンと初回に対戦した場面では100マイル(約161キロ)超の速球を連発。最後はカットボールで空振り三振に仕留め、ファンは「打者が打てるのは奇跡だ」「完全にヤバイ」と声を上げている。

 この日の大谷は速球が冴えた。今季最速の100.8マイル(約162.2キロ)をマークし、平均球速98.6マイル(約158.7キロ)はキャリア最速。中でも圧巻だったのが初回2死一、二塁でカルフーンを迎えた場面だった。100.2マイル(161.3キロ)、100.5マイル(約161.7キロ)の速球などで追い込み、最後は90マイル(約145キロ)のカットボールで空振り三振に仕留めた。

「ピッチング・ニンジャ」の愛称で知られる投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターに動画を投稿すると、ファンも驚いた様子。「この男はサイボーグ」「化け物」「バットの手放し方が色々物語ってますね」「完全にヤバイ」「エグイ#ShoTime」とコメントを寄せた。(Full-Count編集部)