韓国MKスポーツ記者は“大谷目当て”で現地取材「韓国人ファンはすごく興味」

 エンゼルス・大谷翔平投手は韓国からも熱い視線を注がれている。韓国紙「MKスポーツ」の金載浩(キム・ジェホ)記者は、韓国選手がいないにも関わらず、16日(日本時間17日)から行われたレンジャーズ-エンゼルス戦を現地で取材。「韓国人ファンは今もショウヘイについてすごく興味を持っています」と、隣国内でもスーパースターとして注目されていると明かした。

 二刀流・大谷の人気に国境はない。その人気ぶりは2019年に最優秀防御率のタイトルを獲得したブルージェイズ・柳賢振投手やパドレス・金河成、レイズ・崔志萬両内野手のような韓国スター選手にも引けを取らないという。

「ショウヘイは韓国でも凄い人気です。韓国のファンが韓国人選手のことを気にするのは活躍している時だけです。最近は金河成がレギュラーになっています。いい感じですし、ファンも応援しています。しかし昨年はベンチプレーヤーでした。なので気にかけていた人は多くなかったです。柳賢振にも同じことが言えます。もし中4日で登板していい投球をすれば、気になる存在となりますが……」

「崔志萬とも少し違うケースです。彼はKBOでプレーせず、高校卒業後にアメリカに来た選手です。なので(韓国ファンは)どれだけいい選手なのかはっきり分かっていません。(アジア出身最多の通算218発の)秋信守も同じです」

韓国ファンはNPB時代から注目「日本と韓国のライバル関係もありますから」

 韓国の野球ファンにとっては、ライバル国のスター選手。「OHTANI」の名前はNPB時代から国内に広がっていたという。

「2015年の『プレミア12』の時、ショウヘイは日本代表としてプレーしていました。投手として、韓国と2度対戦しました。準決勝では7回1安打無失点に抑えました。あの大会では誰もが彼の投球に注目していました。みんな『ワォ』という感じでしたね(笑)。そしてメジャーにやってきた。メジャーにやってくるまでの全てのプロセスがセンセーショナルでした。日本と韓国のライバル関係もありますからね」

 大谷は昨季9勝&46本塁打と投打で躍動。MVPを満票で受賞した。NPB時代から大谷の実力を知っていただけに、金記者は「驚いていません。ショウヘイはMVPに値する選手です」と断言。そして、グラウンドに落ちているゴミを拾うなど、大谷の人間性も注目のポイントに挙げた。

「ショウヘイは全てをうまくやってしまう。AI(人工知能)かと思っていましたよ(笑)。だけど、時々人間のように見えるんです。AIのようなプレーをしているけど、ショウヘイは人間です。素晴らしい人間です」

 37歳の金記者は韓国・ソウル出身。柳賢振がドジャースに移籍した2013年から渡米し、現地で大リーグ取材をしている。レンジャーズ-エンゼルス3連戦では、大谷の自打球関連でマドン監督に質問をぶつけるなど熱心な取材活動を行った。同じアジア出身者として期待は大きい。「今年もまたMVPを取ることを期待します。サイ・ヤング賞も」。ライバル国でも愛される存在であることに間違いなさそうだ。(小谷真弥 / Masaya Kotani)