イースタン・日本ハム戦で救援登板も1球を投げたところで降板

 巨人の山口俊投手は26日、イースタン・リーグ、日本ハム戦(鎌ケ谷)で救援。わずか1球で降板するアクシデントがあった。

 7-3で迎えた8回から救援。古川裕に対して投球したが、左足を踏み出した際に異変が起きた。マウンド付近で崩れ落ちるようにして転倒し、左膝付近に手を当てた。自らの足でベンチに下がったが、わずか1球で緊急降板。沼田が緊急登板した。

 山口は4月8日のヤクルト戦(東京ドーム)に中継ぎで2回無安打無失点。同18日に出場選手登録を抹消されていた。イースタンでは10試合登板して0勝0敗1セーブ、防御率2.81だった。(Full-Count編集部)