清宮幸太郎は4回に17試合ぶりの先制5号&6回に完璧6号ソロ

■巨人 8ー4 日本ハム(交流戦・28日・札幌ドーム)

 日本ハムの清宮幸太郎内野手が28日、札幌ドームで行われた巨人戦で2打席連続本塁打を放った。チームは逆転負けで連勝は2で止まり、リーグ最速の30敗に到達したが、若き大砲が見せた光。成長を認めた新庄剛志監督はあえて、さらに上のレベルを求めた。

 清宮らしい、美しい弾道だった。まずは4回無死、シューメーカーの高め143キロのツーシームを右翼席へ運ぶ17試合ぶりの先制5号ソロ。2-4の6回1死からは、今度は初球の甘く入った直球を完璧に捉え、右翼席中段まで運んだ。

 初回の第1打席はツーシームを振らされ二ゴロ。球を動かす外国人投手に対して「目付を高く、低めはできるだけ手を出さないように」と意識したことが功を奏した。「びっくりした」と目を丸くしたビッグボスも「もう1本くらいいくんじゃないかと打席で感じた。本人が一番うれしかったと思う」と喜んだ。

 この日の試合前、ビッグボスは林孝哉ヘッドコーチに清宮への“伝言”を託した。「もう1度、初球の甘めのボールはガンガンいこう」。キャンプ中から口を酸っぱくして言い続けてきたことを、今一度確認。言葉通り、2本目のアーチは初球の甘い球を逃さず決めた。これには「頭にあったと思う。初球のストライクは余裕もあるし、その分素直にバットが出る」とうなずいた。

「もう少し早いボールだと、あの打ち方だとファウル、フライ」

 それでも、期待が高いからこそ手放しで称えただけではなかった。シューメーカーのこの日の最速は149キロで、スライダー、フォーク、ツーシームを操る投手。「欲を言うなら、もう少しだけ打ちに行ってほしい。今日は技巧派の投手でスピードはそんなにないから」と注文も忘れなかった。

「もう少し速いボールだと、あの打ち方だとファウル、フライが上がるという打ち方をしていた。もう少し上のレベルにいくとするなら、速いボールだね。速い投手に対してはもっと思い切って、今日みたいな投手だったら今日みたいな打ち方、分けられるんだったら最高ですね」

 実際に、清宮が今季放った6本塁打はいずれも140キロ台のボールをとらえたもので、速球を打ち損じる場面も多い。ビッグボスが「速いボールをファウルせずに捉える。いろいろ考えずに前で捉える意識だけ持っておいて、そこで遅いボールをちょっとだけ粘って打てる打者に全員なってくれたらさらに点取れると思うし。凡打にしてもいい凡打が打てると思う」と理想に掲げる打撃が身についていけば、さらに恐ろしい打者に成長する。

 入場制限が撤廃された札幌ドームで、清宮の一発の盛り上がりはやはり特別だ。巨人との3連戦は1勝1敗で最終戦を迎える。「面白い試合していると思いますよ。明日もさらに取って取られての試合ができたら、ファンのみんなも喜んでもらえる」と笑った新庄監督の期待に、背番号21がまだまだ応えていく。(Full-Count編集部)