大谷翔平、インアンドアウトのハンバーガーが「おいしいな」

 ドジャースの大谷翔平投手が「ブランドパートナー」を務める三菱UFJ銀行公式YouTubeに登場し、MUFG代表執行役社長グループCEO亀澤宏規さんとクロストークを展開した。同席した子どもからカリフォルニアで一番好きなところを聞かれると、「初めて来たときは、IN-N-OUT(インアンドアウト)のバーガーを食べた時が一番。おいしいなって。ハハハ」と無邪気に笑った。

 意外ともいえる“庶民的”な場所を挙げると、ファンは「よっぽど口にあってるんだね」「いいなぁ、あそこ日本でいうとモスバーガー的なポジションかな」「私も行ってみたい食べてみたいわぁ」「現地スタッフに連れられて食べたが自分の中で歴代イチ美味しいバーガー」などの盛り上がりを見せた。

 インアンドアウトは1948年にカリフォルニア州で開業し、冷凍食材を使わないのが売りのチェーン店。日本には進出しておらず「日本に出店したら大谷効果でメガヒットしそうだけど。少なくとも自分は行きたい!」「この発言をきっかけに、日本にも出店するかなぁ?」など、出店を心待ちにするファンもいた。

 今オフにドジャースと10年7億ドル(約1082億円)のメガ契約を結びながらも“庶民的”な場所を挙げた姿に「謙虚な方」「高いから良いものとは限らない」「住んでいた頃幾度となく行きました」など親近感の湧くファンも多く見られた。(Full-Count編集部)