3回の第2打席で5号2ラン…松井秀喜氏を抜き日本選手単独最多176号

■ドジャース 10ー0 メッツ(日本時間22日・ロサンゼルス)

 ドジャース・大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地・メッツ戦に「2番・指名打者」で出場し、松井秀喜氏を抜く日本選手単独最多176本塁打を放つなど、2安打1四球2打点。打率は両リーグトップとなる.368となった。

 初回の第1打席は空振り三振に倒れたが、3回1死の第2打席で右腕ハウザーのスライダーをとらえた。8試合ぶりの5号2ランは打球速度110マイル(約177キロ)、飛距離423フィート(約128.9メートル)の豪快弾。球場は大熱狂に包まれた。

 続く5回無死一、二塁の第3打席では投手強襲の内野安打。6回1死走者なしでは四球を選んだ。8回の第5打席で代打を送られ途中交代した。

 3試合ぶりのマルチ安打をマークし、35安打、打率.368は両リーグトップ。チームは5回に打者11人の猛攻で5点を奪うなど、10得点と打線が機能した。先発のタイラー・グラスノー投手が8回無失点の好投を見せ、連敗を3でストップした。(Full-Count編集部)