大谷翔平は敵地・ナショナルズ戦で2試合連続の6号ソロ

■ドジャース 4ー1 ナショナルズ(日本時間24日・ワシントンDC)

 ドジャース・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地・ナショナルズ戦で2試合連発となる6号ソロを放った。打球速度118.7マイル(約191キロ)、飛距離は450フィート(約137.2メートル)の一発は音も豪快。米メディアも「ばかばかしい程おっきな音でしたね」と唖然としていた。

 MLB公式のサラ・ラングス記者によると、打球速度は本塁打となったものでは自己最速。スタットキャスト計測開始の2015年以降でドジャースでの最速弾だという。衝撃的な一発に地元紙「ワシントン・ポスト」のナショナルズ番、スペンサー・ナズバウム記者もX(旧ツイッター)で「ショウヘイ・オオタニがマット・バーンズの2球目を2階席まで運んだ。あれは、おっきな音がした。ロサリオは右翼で振り返りもしなかった」と伝えた。

 また、ドジャース地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」の試合後番組では「ショウヘイのバットから放たれたあの打球は、ばかばかしい程おっきな音でしたね(笑)。このスタジオであの音を聞きました。すぐにスタンドインしました。ショウヘイも確信していましたね。投手もわかっていました。あれはとにかく(音が)うるさかったですね!」。大谷がワシントンDCの夜空に奏でた打球音のインパクトに驚くしかなかった。(Full-Count編集部)