イチロー氏が選出した中日レジェンドOBは大塚晶則投手コーチ

 モバイルゲーム「プロ野球スピリッツA」では「2024TS『イチローセレクション』SP」として、イチロー氏(マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)が選んだレジェンドOBが、12球団の首脳陣から1チーム1人ずつ紹介されている。ゲームの公式YouTubeチャンネルでは、イチロー氏が選出理由を存分に語っている。中日からは大塚晶則投手コーチが選出された。

 イチロー氏は中日のレジェンドOBを選出する際に「大塚さんですね」即答した。182センチながら「日本人であの角度の真っすぐを投げるピッチャーはいなかったですよ」と絶賛した。

 自身がオリックスに在籍し、大塚コーチが近鉄でプレーしていた頃の対戦を思い出しながら「ビックリしました! (投球が)低いと思ったらど真ん中なんですよ」と目を見開いた。

 覚えている1球がある。「3-2のカウントで、僕は低いと思って見逃したんですけど、見たらストライクなんです。でも、審判はボールって言ったんですよ。それで四球っていうのが1回あるんですよ。あれは三振です。え……? と思いました」。当時の投球軌道を頭中で再生し、表現した。

 投球軌道は「教えられない角度。だから、手が出ない。振りたいのに手が出ない」と感触を思い出した。「スライダーも縦にキュッて曲がるんで。すごい難しいピッチャーでした」。賛辞を止めなかった。(Full-Count編集部)