様々なイベントが行われた交流戦【セ・リーグ編】

 3週間行われた交流戦が終わり、21日からはリーグ戦が再開した。今年の交流戦も各球団が工夫を凝らし、さまざまなイベントが行われた。特に始球式では大物タレントやアイドルが登場するなど、ネットでは大きな話題に。セ・リーグ主催試合では、29日に神宮球場で行われた女優の内田有紀さんの始球式が「48歳には見えない美しさ」と、異例の反響となった。

 年に1度の交流戦。セ・リーグ主催試合では、ほかにも内田理央さんや日向坂46のキャプテン・佐々木久美さん、とにかく明るい安村さん、陣内智則さん、オードリーといったタレントが始球式に登場した。

 中でも29年ぶりの始球式となった内田有紀さんは、爽やかな姿が「すさまじく若々しい」「本当に48歳?」と話題に。投球翌日もX(旧ツイッター)のトレンドになるなど大反響だった。

 ほかにも、5月28日に東京ドームで行われた巨人-ソフトバンクの試合は「王貞治DAY」として開催され、OBの張本勲さんが登場。6日のロッテ戦では元木大介氏、バンテリンドームでの中日-西武戦には両チームに在籍したことがある元西武監督の辻発彦氏が登場した。

 横浜スタジアムでは、名物の「ハマスタバトル」でDeNAのチア「diana」と、ソフトバンクの「ハニーズ」が対戦。リレーバトルで場内が湧いた。横浜では楽天、オリックスとの6試合でレジェンドOB同士の1打席対決が行われた。

 21日からはリーグ戦が再開。東京ドームでの巨人-ヤクルト3連戦は「TOKYOシリーズ」で、巨人がビジターユニを着用するなど、様々なイベントで試合を盛り上げていく。(Full-Count編集部)