ラングス記者が紹介…450フィート以上の本塁打5本は1シーズンの球団最多

【MLB】エンゼルス 3ー2 ドジャース(日本時間22日・ロサンゼルス)

 ドジャースの大谷翔平投手が、歴史的なペースで特大弾を量産している。21日(日本時間22日)に本拠地で行われたエンゼルス戦に「1番・指名打者」で先発し、22号2ラン。MLB公式サイトのサラ・ラングス記者が記録を紹介した。

 昨季まで所属したエンゼルスとの初対戦で、強烈な一発。0-0の5回2死一塁で、ムーアからバックスクリーン右に運んだ。飛距離455フィート(約138.7メートル)、打球速度113.1マイル(約182キロ)。本拠地は大歓声に包まれた。

 ラングス記者は自身のX(旧ツイッター)に「ショウヘイ・オオタニは今季これまでに、450フィート(約137.2メートル)以上の本塁打を5本放っている」と投稿。「スタットキャスト計測下(2015年〜)で、1シーズンのドジャースの選手の中では最多だ。今は6月半ばよ」と驚きを持って伝えている。

 さらに「ショウヘイ・オオタニは今季これまでに、440フィート(約134.1メートル)以上の本塁打を7本放っている」と別の記録も紹介。「スタットキャスト計測下(2015年〜)で1シーズンのドジャースの選手の中では、2015年のジョク・ピーダーソンと並んで最多だ」と球団の歴史に残るペースだという。(Full-Count編集部)