【高校野球】創志学園・西、抜群のキレ味を示す数値 ボール球の空振り率は驚異の41.3%

【高校野球】創志学園・西、抜群のキレ味を示す数値 ボール球の空振り率は驚異の41.3%

土浦日大は予選では強打も…興南にOPSで「.529 vs .935」と差をつけられる

 メジャーリーガーを輩出した名門校から、将来のプロ選手を嘱望される選手を擁する新進気鋭の高校とバラエティに富んだチームが登場した第5日目の試合をセイバー目線で分析してみましょう。

◯攻撃指標
OPS 出塁率+長打率
wOBA 1打席あたりにどれだけチームの得点に貢献したかを表す指標
O-swing% ボールゾーンのスイング率
Z-swing% ストライクゾーンのスイング率
Z-contact% ストライクゾーンのコンタクト率

【横浜】
得点7 打率.333 出塁率.342 長打率.639 盗塁1/2
OPS .981 wOBA 0.444
O-swing% 30.9%
Z-swing% 59.2%
Z-contact% 90.5%

【愛産大三河】
得点0 打率.161 出塁率.212 長打率.161 盗塁3/4
OPS .373 wOBA .209
O-swing% 38.7%
Z-swing% 55.4%
Z-contact% 83.9%

 長短打合わせて12安打、OPS.981の横浜に対し、5安打すべて単打と大きく水をあけられてしまった愛産大三河。愛産大三河のO-swing%はなんと38.7%。横浜先発・板川投手のフォークを上下に投げ分ける投球術にはまり、9三振を喫してしまいました。

 横浜の4番・万波選手は愛産大三河・松原投手のストライクゾーンにきたストレートを2球空振りするなどまだ本調子ではない様子。また横浜の打者のO-swing%は30%台と多め。次戦での調整に期待です。

【下関国際】
得点4 打率.333 出塁率.350 長打率.333 盗塁2/2
OPS .683 wOBA .302
O-swing% 25.4%
Z-swing% 53.1%
Z-contact% 86.0%

【花巻東】
得点2 打率.229 出塁率.250 長打率.257 盗塁1/2
OPS .507 wOBA .257
O-swing% 37.5%
Z-swing%% 73.0%
Z-contact% 89.1%

 花巻東のZ-swing%の高さより積極的にスイングしようという心意気は見えるのですが、下関国際・鶴田投手のストライクゾーンからボールゾーンに落ちる変化球に手を出し多くのゴロを量産。相手の術中にはまってしまった様相がO-swing%37.5%というデータに現れています。

【創志学園】
得点7 打率.303 出塁率.425 長打率.394 盗塁2/3
OPS .819 wOBA .400
O-swing% 18.5%
Z-swing% 67.9%
Z-contact% 87.7%

【創成館】
得点0 打率.143 出塁率.143 長打率.179 盗塁 0/2
OPS .321 wOBA .140
O-swing% 41.3%
Z-swing% 66.7%
Z-contact% 90.0%

“創創対決“として注目された試合でしたが、打撃ではOPS .819 vs .321と創志学園の圧勝でした。創志学園・西投手のキレのあるスライダーに創成館のバットは空を斬り、O-swing%はなんと41.3%。4安打無四球と出塁もままならない状況に加え、創成館の走塁ミスも大きなマイナス要因となりました。4安打による出塁のうち、2回盗塁失敗。また1番・峯選手の長打は三塁で憤死という結果に。果敢な走塁には大きなリスクが伴います。そのリスク管理も試合をコントロールする上で大事な要素となります。

【土浦日大】
得点2 打率.200 出塁率.243 長打率.286 盗塁1/1
OPS .529 wOBA .299
O-swing% 28.6%
Z-swing% 78.6%
Z-contact% 83.6%

【興南】
得点6 打率.429 出塁率.421 長打率 .514 盗塁 2/3
OPS .935 wOBA .427
O-swing% 17.3%
Z-swing% 77.1%
Z-contact% 92.6%

 茨城予選では、チーム打率.388という強打を誇る土浦日大でしたが、興南の投手陣から放ったヒットは7本でうち6本は単打。9回のホームランで一矢を報いましたが、OPSでは .529 vs .935と興南に大きく水をあけられました。

西はスライダーで33.3%空振り、横浜・及川は12球ながら50%空振り

◯投手指標
P/IP 1イニングあたりの投球数
WHIP 1イニングあたりで安打、四球でどれだけ走者を出したかの指標
GO/AO ゴロアウトの総数をフライアウトの総数で割って算出

【横浜】
板川佳矢(左)
8回 投球数106 P/IP 13.25 WHIP 0.75 GO/AO 1.67
及川雅貴(左)
1回 投球数12  P/IP 12.00 WHIP 1.00 GO/AO ――

【愛産大三河】
松原絃介(右)
9回 投球数139 P/IP 15.44 WHIP 1.44 GO/AO 0.90

【下関国際】
鶴田克樹 (右)
10回 投球数127 P/IP 12.70 WHIP 0.90 GO/AO 2.50

【花巻東】
伊藤翼(右)
9回2/3 投球数141 P/IP 14.59 WHIP 1.45 GO/AO 17.0
西舘勇陽(右)
0回1/3 投球数3 P/IP 9.00 WHIP 0.00 GO/AO ――

【創志学園】
西純矢(右)
9回 投球数123 P/IP 13.67 WHIP 0.44 GO/AO 0.50

【創成館】
川原陸(左)
3回2/3 投球数84  P/IP 22.91 WHIP 2.45 GO/AO 1.25
戸田達也(右)
2回2/3 投球数42 P/IP 15.75 WHIP 1.50 GO/AO 3.00
酒井駿輔(右)
0回0/3 投球数 9 P/IP ―― WHIP ―― GO/AO ――
七俵陸(左)
1回2/3 投球数15 P/IP 9.00 WHIP 0.00 GO/AO 1.50
伊藤大和(右)
1回 投球数15 P/IP 15.00 WHIP 1.00 GO/AO ――

【土浦日大】
富田卓(右)
7回2/3 投球数114 P/IP 14.87 WHIP 1.83 GO/AO 1.50
清水樹(左)
0回1/3 投球数8 P/IP 24.00 WHIP 6.00 GO/AO ――

【興南】
藤木琉悠(左)
7回0/3 投球数107 P/IP 15.29 WHIP 1.14 GO/AO 0.89
宮城大弥(左)
2回 投球数26 P/IP 13.00 WHIP 0.50 GO/AO ――

 第5日目は空振り率10%を超える好投手が多く現れた日となりました。横浜の板川投手は全投球の40%でフォークを投じ、23.3%の空振りを奪取しています。また最後の1イニングに抑えとして登板した及川投手も球数が12と少ないとはいえ、50%の空振りをとっています。

 下関国際の鶴田投手は54.3%を占めるスライダーで15.9%の空振りを取り、時折投じるフォークでは37.5%の空振りと効果的な決め球を持つ好投手です。対戦した花巻東の伊藤投手はチェンジアップで27.3%の空振りをとっています。

 プロのスカウトも注目するU-18候補の創志学園・西投手はスライダーで33.3%の空振りを記録、16奪三振、WHIP0.44という圧巻のピッチングを披露しました。

 興南の藤木投手は57%を占めるスライダーを武器に17.8%の空振りを奪取。8回100球を超えたあたりからボールとストライクの見極めがなされ、無死一、二塁のピンチを作りますが、リリーフ登板の宮城投手が藤木投手を上回る19.2%の空振り奪取率の快投で後続を断ち、見事な火消しを演じました。(鳥越規央 / Norio Torigoe)

鳥越規央 プロフィール
統計学者/江戸川大学客員教授
「セイバーメトリクス」(※野球等において、選手データを統計学的見地から客観的に分析し、評価や戦略を立てる際に活用する分析方法)の日本での第一人者。野球の他にも、サッカー、ゴルフなどスポーツ統計学全般の研究を行なっている。また、統計学をベースに、テレビ番組の監修や、「AKB48選抜じゃんけん大会」の組み合わせ(2012年、2013年)などエンターテインメント業界でも活躍。JAPAN MENSAの会員。一般社団法人日本セイバーメトリクス協会会長。
文化放送「ライオンズナイター(Lプロ)」出演
千葉ロッテマリーンズ「データで楽しむ野球観戦」イベント開催中
トークイベント「セイバー語リクスナイト」7月19日開催


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索