西野朗氏がCS初戦始球式 異例の前日練習行い「1球投げてみたいと思っていた」

西野朗氏がCS初戦始球式 異例の前日練習行い「1球投げてみたいと思っていた」

13日、ヤフオクDでのソフトバンク対日本ハム戦で登板

 クライマックスシリーズ・ファーストステージが13日から始まる。パ・リーグは2位のソフトバンクと3位の日本ハムが、ソフトバンクの本拠地ヤフオクドームでファイナルステージ進出をかけて戦うこととなるが、13日の第1戦では、6月のロシアW杯で日本代表をベスト16に導いた西野朗前監督が始球式に登場する。

 CS初戦前日となった12日、ソフトバンクは本拠地ヤフオクドームで全体練習を行った。約2時間ほどの練習が終わり、選手がロッカーへと引き揚げると、6月に日本を熱狂の渦に巻き込んだ西野氏がグラウンドへと現れた。球団関係者に案内されてマウンドへと登ると、感触を確かめるように、投球練習を繰り返した。

 初めて始球式を行うという西野氏。前日に実際にマウンドで練習を行って備えるのは異例と言えるが、「明日始球式をさせていただけるということで、前日、トレーニングを少し出来るということでさせていただきました。初めてマウンドに立ちまして、こういう世界でプロ野球が始まるんだなという感じました。1度も投げたことがないので、出来るだけいい準備を、と思いましたが、全くダメでしたね」とコメントした。

 「バッターさんに怪我させないように、あとはしっかり投げられればいいなと思います。憧れていましたし、1球投げてみたいなと思っていたので、こんなチャンスを頂いて本当に嬉しく思っていますし、全力で。やり直しがきかないものですから、1球入魂でさせていただきます」。ファイナルステージ進出をかけた最大3試合の短期決戦。日本中を歓喜させた日本代表指揮官が、一戦に花を添える。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索