【MLB】フィリーズ今オフ補強候補に西武・菊池 米メディア「補強ポイントに合致」

【MLB】フィリーズ今オフ補強候補に西武・菊池 米メディア「補強ポイントに合致」

アンディ・マクフェイル球団社長「左腕を獲得できることを祈っている」

 西武の菊池雄星投手は今季終了後のメジャー挑戦の可能性が高まる中、米メディアでは大補強の予想されるフィリーズの補強候補に挙げている。地元ラジオ局「94Wipラジオ」が報じている。

 今季80勝82敗でナ・リーグ東地区3位に終わったフィリーズ。アンディ・マクフェイル球団社長はさらなる躍進に、今オフの補強を左腕に挙げているという。

「我々の先発ローテーションは右腕偏重過ぎる。もう少し左腕を獲得できることを祈っている」

 先発左腕の獲得に動き出すことになるフィリーズで、特集では13人の左腕の名前を挙げている。ビッグネームが並ぶ中、菊地は4番手に名前が挙がっている。

 まずはドジャースのメジャー最強左腕クレイトン・カーショー投手。2年総額約7000万ドル(約78億円)の契約を残す中、今季限りでドジャースとの契約をオプトアウトする可能性が高まっているという。続いてジャイアンツの強打でも有名なエース、マディソン・バムガーナー投手。ジャイアンツはかつてのワールドシリーズMVPの来季の契約オプションを保有しているが、チーム再建のために放出する可能性は残されているという。

 さらにダイヤモンドバックスから今季限りでフリーエージェントとなるパトリック・コービン投手。今季は11勝7敗、防御率3.15と活躍。ヤンキースが移籍先に浮上しているが、「先発ローテーションでノラと彼のコンビとなれば、フィリーズにはダイナミックなワンツーパンチになる」と分析。エース右腕のアーロン・ノラとの最強タッグになるという。

菊池がポスティングにかかれば「フィリーズにとっては興味深い融合となる」

 そして「Yusei Kikuchi」の名前も挙がった。

「もしも埼玉西武からポスティングにかけられれば、フィリーズにとっては興味深い融合となる。彼は左腕先発というフィリーズの補強ポイントに合致するだけではない。オールスターブレーク後、スターターの5分の4が防御率5点以上を記録した先発陣を向上させることになる」と記事では分析。

今季17勝6敗でサイ・ヤング賞候補に挙がるノラ以外に後半戦崩れた先発陣の救世主として期待されているという。フィリーズは2015年に強化部が刷新され、補強などで統計を重視するチームに変貌したが、米国外のタレントの補強計画には遅れが存在すると特集では指摘する一方、菊地争奪戦に勝つ事は球団にとってもアジア戦略における重大な一歩だという。

「アジア選手に関して、フィリーズは地理的な不利が存在する。西海岸の球団は地理的にアジア選手を獲得するアドバンテージが存在する。ヤンキースやレッドソックスのようなチームは例外的に実績の高いアジア選手を獲得してきた。ショウヘイ・オオタニ、ダイスケ・マツザカ、ヒデキ・マツイほど熱望されていないかもしれないが、キクチの補強は球団にとって重大な瞬間となる」

 特集ではこう指摘。花巻東高時代の後輩、エンゼルスの大谷翔平投手や現中日の松坂大輔投手、元ヤンキースの松井秀喜氏ほどの激しい争奪戦にならないかもしれないが、フィリーズの補強戦略にとっては、菊池獲得は重要な一手になると分析している。

 一方、特集ではカブスのコール・ハメルズ投手、ジャイアンツのデレク・ホランド投手、アストロズのダラス・カイケル投手、ヤンキースのCC・サバシア投手、同JA・ハップ投手、ロイヤルズのダニー・ダフィー投手という実力者の名前が挙がっており、4番目に名前の挙がった菊地の評価の高さが伺える企画となった。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索