9日から開催の日米野球 MLB選抜の野手は豪華布陣、その全貌とは?

9日から開催の日米野球 MLB選抜の野手は豪華布陣、その全貌とは?

プエルトリコの英雄やスーパールーキー、2年連続盗塁王ら参戦

 9日から東京ドームで開催される日本代表対MLBオールスターの日米野球。8日には巨人との「2018日米野球エキシビジョンゲーム」が東京ドームで行われ、MLBオールスターが9-6で勝利した。早速、その実力を見せつけた形だが、日本ではあまり耳にすることのないであろうMLB選手もいる。今回来日した野手陣について、成績などを交えながら紹介していこう。

※名前の後は年齢。所属球団は2018シーズン終了時点。成績は左から打率、本塁打数、打点数、OPS。OPSは出塁率と長打率を足したもので.800を超えると強打者とされる。

◯捕手
ロビンソン・チリーノス(34)
所属球団:テキサス・レンジャース
昨季成績:113試合 .222 18本 65打点 OPS.757

 捕手ながら高い打撃能力をみせるベテラン。今季は自身最多の113試合に出場し、こちらも最多の18本の本塁打を打った。レンジャースからFAとなった今オフの日米野球は、就職活動の意味合いも。

ヤディエル・モリーナ(36)
所属球団:セントルイス・カージナルス
昨季成績:123試合 .261 20本 74打点 OPS.750

 9度のオールスター選出、9度のゴールドグラブ、2度のワールドシリーズ制覇を誇るMLBを代表するキャッチャー。36歳を迎えた今シーズンもキャリア2番目に多い20本のホームランを放った。本人は2020年シーズンを最後に引退することを表明している。

JT・リアルミュート(27)
所属球団:マイアミ・マーリンズ
昨季成績:125試合 .277 21本 74打点 OPS.825

 メジャー屈指の打撃能力に加え、コンスタントに2桁盗塁を記録できる走力も併せ持った、3拍子揃った捕手。主力を次々に放出したマーリンズへの不信感からトレードを要求しているとされ、来季開幕時には他球団に所属している可能性が大いにある。

内野手には今季34発の強打者も

◯内野手
ホイット・メリーフィールド(29)
所属球団:カンザスシティ・ロイヤルズ
昨季成績:158試合 .304 12本 60打点 OPS.806

 昨季34盗塁、今季45盗塁を記録して2年連続盗塁王を獲得した韋駄天。課題だった選球眼が改善され、出塁率はア・リーグ二塁手の中で3位、全体でも8位を誇る。地区最下位に沈んだロイヤルズの中でリードオフマンとして気を吐いた。

アーメッド・ロザリオ(22)
所属球団:ニューヨーク・メッツ
昨季成績:154試合 .256 9本 51打点 OPS.676

 2年目にしてメッツのショートを手中にした若手。ナ・リーグ4位となる8本の三塁打、7位となる24盗塁を記録するスピードをもつ。ただ、OPSは下から4番目で、打撃は改善が必要。

カルロス・サンタナ(32)
所属球団:フィラデルフィア・フィリーズ
昨季成績:161試合 .229 24本 86打点 OPS.766

 低打率、高出塁率のパワーヒッター。インディアンスから移籍した今季もナ・リーグ2位となる110個の四球を獲得するなど、優れた選球眼を披露した。前半戦は打率1割台を記録するなど、打率はかなり低かったが、オールスター後は例年の水準に戻った。前回の日米野球にも参戦。

エウヘニオ・スアレス(27)
所属球団:シンシナティ・レッズ
昨季成績:143試合 .283 34本 104打点 OPS.892

 キャリア最多の34本のホームランに加え、初のオールスターに選出されたレッズの大砲。低迷したレッズの中で数少ないポジティブなニュースとなった。年齢的にも脂が乗り切った時期なので、来季は個人タイトル獲得が期待される。

クリス・テイラー(28)
所属球団:ロサンゼルス・ドジャース
昨季成績:155試合 .254 17本 63打点 OPS.775

 二遊間と外野のポジションを高いレベルでこなすことができるユーティリティプレイヤー。昨季打撃が覚醒し、今季も安定した成績を残したことからフロックではないことを証明した。ポストシーズンに強く、通算OPSは.875。

外野陣では今季ナ・リーグ新人王最有力候補の2人に注目

◯外野手
ロナルド・アクーニャJr.(20)
所属球団:アトランタ・ブレーブス
昨季成績:111試合 .293 26本 64打点 OPS.917

 開幕前のプロスペクト(有望株)ランキングでは、大谷を凌ぐ1位にも据えられた有望株。ルーキーイヤーに26本の本塁打を放つなど期待通りの活躍を見せた。球団記録に並ぶ7本の先頭打者ホームランや、3試合連続の先頭打者ホームランなどが話題となった。ソトと並び今年のナ・リーグ新人王候補筆頭。

ミッチ・ハニガー(27)
所属球団:シアトル・マリナーズ
昨季成績:157試合 .285 26本 93打点 OPS.859

 昨季の16本から倍近い26本の本塁打を放ち、自身初のオールスターにも選出されたマリナーズの新星。OPSでア・リーグ全体8位を記録するなど、数々の項目でキャリアハイを更新した。2001年以来となるプレーオフ進出に迫ったマリナーズの原動力となった。

エンリケ・ヘルナンデス(27)
所属球団:ロサンゼルス・ドジャース
昨季成績:145試合 .256 21本 52打点 OPS.806

 今シーズンキャッチャー以外の全ポジション(投手としても1試合に登板)をこなしたスーパーユーティリティ。華麗な守備が持ち味だが、打撃でも21本のホームランを記録するなど急成長を見せた。愛称はキケ。

リース・ホスキンス(25)
所属球団:フィラデルフィア・フィリーズ
昨季成績:153試合 .246 34本 96打点 OPS.850

 ルーキーイヤーの昨季に僅か50試合で18本塁打、今季もナ・リーグ7位の34本のホームランを打った若き大砲。オールスターのホームラン競争にも参戦し、準決勝に進出した。好不調の波が大きい選手なので、改善したい。

ケビン・ピラー(29)
所属球団:トロント・ブルージェイズ
昨季成績:142試合 .252 15本 59打点 OPS.708

 ダイビングキャッチが代名詞の、MLB屈指の守備力を持つ外野手。意外にもゴールドグラフ受賞歴はない。2桁本塁打を打てるだけのパンチ力も兼備する一方、早打ちで選球眼に欠ける。再建に向かうブルージェイズからの放出も噂される。

ファン・ソト(20)
所属球団:ワシントン・ナショナルズ
昨季成績:116試合 .292 22本 70打点 OPS.923

 ナショナルズに彗星の如く現れた超新星。116試合の出場ながらナ・リーグ10位となる79個の四球を選び、出塁率は.406を記録した。主砲ハーパーがFAとなり、移籍する可能性が高まっているナショナルズにおいて、彼の後継者と目される。アクーニャJr.と並び今年のナ・リーグ新人王候補筆頭。

 MLBでもかなりの強打者が多く来日する日米野球。彼らは日本でも変わらずMLB仕込みの華麗なプレーを見せてくれることだろう。日本代表投手陣がどのように抑えるのか必見だ。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索