日本野球科学研究会でシンポジウム 女子野球の未来、課題について提言

日本野球科学研究会でシンポジウム 女子野球の未来、課題について提言

男子の減少に比べ、競技人口の伸びが著しい女子野球

 野球の研究者、指導者、競技者が一堂に会して研究発表を行い、野球の未来を語り合う日本野球科学研究会第6回大会が筑波大学つくばキャンパス体育芸術エリアで行われた。

 第2日の12月2日午前9時から行われたシンポジウムIIでは、「女子野球の躍進とこれから」と題して、近年、競技者数が急増している女子野球の現況に関して、3人のシンポジストが発表した。

 コーディネーターは女子野球チーム「新波」代表の石田京子氏。石田氏は、筑波大学大学院でスポーツ健康システム・マネジメントを学び修士号を取得。現在は筑波大学大学院野球コーチング論研究室に在籍している。

 最初のシンポジストは、一般財団法人全日本野球協会(BFJ)の山田博子常務理事。山田氏は2016年にBFJ初の女性理事となり、翌年には女性として初めて世界野球ソフトボール連盟(WBSC)理事に選出された。

 山田氏は、女子野球が100年以上の歴史を持つことを紹介した。女子プロ野球は1948年に発足し、一時は人気となったが中断。以後も苦難の道をたどりながら発展してきた。

 そんな中で、高校の指導者の普及活動、女子ワールドカップの開幕、女子プロ野球リーグの発足などをきっかけに、競技者数が2016年の1.5万人から2018年には2万人を超えたことを報告。男子の競技者数が減少している中、女子野球は今、大きな注目を集めている。

 山田氏は今後の課題として、人材育成、普及活動、競技力向上と医学、国際交流、国際貢献、マーケティングを挙げた。

日本が世界の女子野球の手本になるリーダーシップを

 2人目は、侍ジャパン女子代表監督の橘田恵氏だ。橘田氏は監督として選手を理解し、選手とのコミュニケーションを重視した。侍ジャパン女子代表は今年ワールドカップで6連覇を果たしたが、野球の実力だけでなく「全てにおいて世界一」を目標に、日本が世界の女子野球の模範となってリーダーシップをとるために努力した。

 女子野球は、男子とは異なる文化、人間関係を持っている。男子では、絶対的な権限を有する指導者が上意下達で指示を行うが、女子は選手個々が納得しなければ指導者の指示に従わない傾向がある。

 今回のW杯に向けて、橘田氏は「選手に納得してもらい、物事を進めていくこと」を心掛けたという。そして、6連覇を果たした日本が、今後目指すべきこととして下記の3点を指摘した。

1.日本代表としての実力と立ち居振る舞い(国際マナー)
2.正しい野球(ベースボール)の普及と見本になるプレー
3.女子野球普及のための国際貢献、外国人選手の招聘、指導者の派遣

 さらに「勝利するだけでは世界のリーダーとは認められないだろう」と強調。国内の女子野球発展に向けては、「とにかく、身近なファンを増やすこと」が大事だと訴えた。

「なでしこジャパン」の女子サッカーもかつてマイナースポーツだった

 3人目はジェフユナイテッド市原・千葉レディースマネージャー、日本サッカー協会女子委員、NPO法人ジュース(JWS:スポーツにかかわる女性を支援する会)理事の小林美由紀氏だ。

 小林氏は、かつてマイナースポーツだった女子サッカーが「なでしこジャパン」という愛称を得て、スター選手を輩出する人気スポーツへと成長するまでの過程を紹介した。

 女子サッカーも19世紀末には始まっていたが、1921年にFA(フットボール・アソシエーション)は女性へのグランド貸与を禁止。ここから黒歴史が始まるが、1986年にFIFAが「女子サッカー」の支援を宣言し、発展に尽力した。

 1999年の第3回FIFA女子ワールドカップUSAは、32試合で119万人もの観客を集め、女子サッカーは世界的に人気スポーツとなった。そして、2011年の第6回大会では、日本代表なでしこジャパンがアメリカをPK戦の末に下して世界一となり、日本女子サッカーの人気は沸騰した。

 小林氏は、代表チームの強化、ユース育成、指導者養成を「三位一体」とし、これに「普及」を加えた4本柱で、今後も女子サッカーの発展を目指すとした。

 会場の参加者は大部分が男性。女子野球独特の「文化」を知らない関係者も多かったようだ。野球界は今、古い体質や「勝利至上主義」など、さまざまな問題を抱えている。女子野球の取り組みは、野球界全体の問題解決にも大きな示唆を与えると感じられた。(広尾晃 / Koh Hiroo)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索