八百長加担でKBO永久追放の韓国人右腕、メキシコ球団に加入「ローテの一角」

八百長加担でKBO永久追放の韓国人右腕、メキシコ球団に加入「ローテの一角」

モンテレイ・サルタンズが入団を正式発表「パク・ヒョンジュンがやって来た」

 八百長に加担したとして韓国プロ野球(KBO)から永久追放処分を受けた朴顯俊(パク・ヒョンジュン)投手が、メキシカンリーグのモンテレイ・サルタンズに入団すると、球団公式サイトが正式発表した。

 サルタンズは公式サイトで「パク・ヒョンジュンがやって来た」との見出しでこのニュースを報じている。記事では「サルタンズが新加入の選手を正式発表した。モントレーのマリアーノ・エスコペド国際空港に金曜日の午後に到着した、韓国人のパク・ヒョンジュン投手だ」とレポート。KBOで実績のある右腕の加入を歓迎している。

 朴顯俊は2009年にSKワイバーンズに入団し、11年にはLGツインズに移籍。同年は13勝10敗、防御率4.18の成績を残した。しかし、12年3月に八百長に関与していたとして韓国野球界から永久追放処分に。KBOはMLB、NPB、CPBL(中華職業棒球大聯盟)と協定を結んでいるため、KBOの許可がなければ世界中の主要な野球リーグに所属できないが、メキシコでのプレーは可能だという。

 記事では「パクはKBOで3年間のプレー経験がある。この投手は現在のLMB(メキシカンリーグ)の王者であるサルタンズのローテーションの一角を担うことが考えれている」と言及。ロベルト・ケリー球団監督らが、数週間前にソウルまで視察に訪れたことも紹介している。メキシコで再起することはできるだろうか。(Full-Count編集部)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索