コーチは“優等生”ぶり評価も…ロッテ藤原は自らに及第点与えず、その理由は?

コーチは“優等生”ぶり評価も…ロッテ藤原は自らに及第点与えず、その理由は?

新人たちは“宿題”こなして合同自主トレへ、菊池コーチ「全員ほぼできていた」

 ロッテ新人合同自主トレ2日目となった12日も全9選手が順調に練習メニューを消化した。新人選手たちがプロ生活をスタートさせてから早3日。ドラフト1位・藤原恭大外野手も「だいぶ慣れてきました」と、少し余裕も出てきた様子だ。

 今まで別々の環境で練習していた年齢も体格も違う9人。プロ野球選手としてのトレーニングを知らない選手たちのために、新人合同自主トレのメニューをどのように組んでいるのか。

 トレーニングを担当している菊池大祐2軍ストレングスコーチによると、「新人合同自主トレまでの間に、やってきてほしい”宿題”を出しています。それをやってきてもらうように入団会見後に伝えました」とのこと。12月4日の新入団会見以降、各選手はその“宿題”をこなして新人合同自主トレを迎えたというわけだ。

 その内容について「体幹メニューとかですね。自分は体幹が苦手なので、毎日やっていました」と、藤原は明かす。そして、”宿題”メニューはこの自主トレでも行っているとのこと。菊池コーチは「初日(1月10日)に各選手の動きを確認しましたが、全員ほぼできていた」と、新人9選手の”優等生”ぶりを評価するが、藤原は自分に及第点を与えなかった。

「一緒のメニューでもしんどさが違う。家でできていたことがこっちでできていない。環境の変化もあると思うが、やり方が少し違っていたのかなと。正しいやり方でないと意味がないと思うので、今のうちにしっかり覚えて、しっかりとできるようにしたい」

 ランニングとともに苦手と語る体幹メニューに真っ向から取り組むつもりだ。

 順調な新人合同自主トレの滑り出しに「これから徐々に強度を上げて、実戦的な”野球の動き”を増やしていきます」と話す菊池コーチ。キャンプインまでのトレーニングプランはすでに固まっている。そのプランの元、9人の”優等生”たちは、キャンプインに向け、今後も調整を続ける。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索