「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」初代王者は西武! 日本SでDeNAに快勝

「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」初代王者は西武! 日本SでDeNAに快勝

2019年度の開催も決定、最優秀選手はパ・リーグ4冠のなたでここ選手

 NPBとコナミが共同で開催するプロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」の日本一の座を決める「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018-19 SMBC e日本シリーズ」が12日に開催され、パ・リーグ代表の埼玉西武ライオンズがセ・リーグ代表の横浜DeNAベイスターズに勝利し、「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」の初代日本一に輝いた。

「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」は、NPBに所属するプロ野球全12球団それぞれにプロ野球eスポーツ選手を登録し、日本一を目指すプロ野球eスポーツリーグ。初開催となった「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018-19」は、プロテストとeドラフト会議を経て11月に開幕した。

 この日開催された「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018-19 SMBC e日本シリーズ」では、3回の裏に西武がセーフティスクイズを絡めて5点を先制。守っては先発の菊池投手が7回1/3を投げて3失点と好投し、DeNAに6-3で勝利した。

 試合後には、音楽グループのベリーグッドマンが登場して「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」のエンディングソング「プレイヤー」を演奏し会場を盛り上げた。さらに、表彰式では「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018-19」の個人タイトルが発表。パ・リーグ4冠の活躍を見せたなたでここ選手が最優秀選手に選出された。

 また、同日開催されたモバイルゲーム「実況パワフルプロ野球」のeスポーツ大会「パワプロアプリ チャンピオンシップ 決勝大会」では、エドソン選手、
モバイルゲーム「プロ野球スピリッツA」の「プロスピA チャンピオンシップ 日本一決定戦」では、〓V.I.P〓選手が優勝した。

「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」は2019年シーズンの開催も決定した。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索