もの凄い奪三振数ショー…MLB公式が15投手を4分5秒にまとめた奪三振動画集を公開

もの凄い奪三振数ショー…MLB公式が15投手を4分5秒にまとめた奪三振動画集を公開

MLB公式Youtubeチャンネルが公開、メジャーを代表する投手が続々と登場

 パワー溢れる強打者の豪快なホームランはもちろん、ピッチャーの強烈なスピードボール、切れ味抜群の変化球も見るものを驚かせるメジャーリーグ。MLB公式Youtubeチャンネルは「MLB’s 2018 Strikeout Leaders」と題した動画を公開。昨季のMLB奪三振数トップ15の投手たちの驚異的な投球を4分5秒にまとめている。

 動画は15位のマイク・クレビンジャー(インディアンス、207奪三振)からスタート。13位では、100マイル(約161キロ)の直球と切れ味抜群のスライダーを武器とするヤンキースのエース右腕ルイス・セベリーノ(220奪三振)が登場する。左打者の内角低めいっぱいに決まる99マイル(約159キロ)の直球は圧巻だ。

 12位は、221奪三振を記録し、自身初のサイ・ヤング賞に輝いた左腕ブレーク・スネル(レイズ)。さらに、11位はオフに入ってSNSで世間を賑わせているトレバー・バウアー(インディアンス)と続く。ともに剛速球と落差のあるカーブで三振を量産している。

 2度のサイ・ヤング賞受賞を誇るコーリー・クルーバー(インディアンス)は222奪三振で10位。そして、剛速球と大きく曲がるスライダーで打者を圧倒する「ザ・コンドル」ことクリス・セール(レッドソックス)は昨季237奪三振で6位だった。

 ナ・リーグのサイ・ヤング賞右腕ジェイコブ・デグロム(メッツ)は269奪三振で4位、アストロズの剛腕ゲリット・コールは276奪三振で3位と続き、上位2人はベテラン右腕が“占拠”。ジャスティン・バーランダー(アストロズ)は290奪三振、マックス・シャーザー(ナショナルズ)は300奪三振を記録した。30代中盤を迎えた剛腕の2人が、若い選手たちから三振を奪いまくる動画はまさに圧巻だ。

 奪三振数では若い力を実績十分のベテランが抑えた2018年。今季は誰がメジャーの奪三振王に輝くだろうか。(Full-Count編集部)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索