“ポスト浅村”は外崎、主砲流出も破壊力健在?…12球団オーダー予想【西武編】

“ポスト浅村”は外崎、主砲流出も破壊力健在?…12球団オーダー予想【西武編】

浅村が抜けた3番には秋山が入り、1番外崎となる可能性が高い

 2019年の幕が開け、早くも2週間が経過した。プロ野球界は各地で選手たちが行っている自主トレの模様が話題となり、ファンも2月1日のキャンプインが待ち切れなくなっているのではないだろうか。

 1月も半ばとなり、シーズンに向けて各球団の戦力編成も佳境に入っている。新戦力や新助っ人の加入が続々と発表となり、チームの編成も固まってきた。キャンプインを2週間後に控えたタイミングで、現状で12球団の基本オーダーを予想してみよう。

 まずは、昨季パ・リーグを10年ぶりに制した西武からだ。

1 二 外崎修汰
2 遊 源田壮亮
3 中 秋山翔吾
4 一 山川穂高
5 捕 森友哉
6 三 中村剛也
7 左 栗山巧
8 指 メヒア
9 右 金子侑司

 西武にとって、大きなテーマとなるのは、FAで楽天に移籍した浅村栄斗の穴をどう埋めるか。その“後継者”として最有力なのが、外崎の二塁での起用だ。昨季は主に外野での起用だったが、もともとは内野手。2017年には二塁で50試合に出場しており、守備面は問題はなさそう。

 メヒアをベンチに置き、栗山を指名打者で起用するなどして、若手の愛斗や木村文紀を外野の一角に据えるプランも可能。ルーキーの山野辺が二塁手としてメドがたてば、外崎を外野に置くオプションも考えられる。幅広い起用プランが可能だ。

 浅村の抜けた3番には、昨季リードオフマンを務めた秋山を回し、足もある外崎を1番に据える可能性が高いか。秋山を1番のままにし、外崎をそのまま浅村の後任に据えてもいい。山川や森、中村らは健在で、打点王に輝いた浅村が抜けるとはいえ、この1番から9番までの並びは今季も強烈な破壊力がありそうだ。

 昨季はクライマックスシリーズでソフトバンクに敗れ、日本シリーズ進出を逃した西武。悲願の日本一を狙う2019年は、いかなる戦いを繰り広げるだろう。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索