【MLB】ダルビッシュがキャンプ前に148キロ! 地元紙も評価「最も明るい材料は…」

【MLB】ダルビッシュがキャンプ前に148キロ! 地元紙も評価「最も明るい材料は…」

ダルビッシュは復活へ自信「直球にパワー」

 今季の完全復活が期待されるカブスのダルビッシュ有投手。10日(日本時間11日)に米アリゾナ州メサのキャンプ施設でブルペン入り。45球を投げて順調なスタートを切った。地元紙「シカゴ・トリビューン」は「健康で自信を持つユウ・ダルビッシュが『シカゴとカブスに貢献する』と熱意」と復活にかける32歳の調整ぶりを伝えている。

 13日から始まる、バッテリー組のスプリングトレーニング前に投球練習を行ったダルビッシュ。同紙は1月下旬からダルビッシュがブルペン入りしていたことを伝え、「最も明るい材料は彼の投球のキレ」と評価。右腕が「本当に良い感じ。直球にパワーを感じた。変化球も良い」と振り返ったことを紹介している。

 さらに、投球後にトミー・ホトビー新投手コーチと話し合うなどサポートスタッフとも投球の質を確認していたという。右腕は記事で「スピンレート(と球速)を確認し、それから去年のスプリングトレーニングと今年(を比較している)。去年はブルペンで88マイル(約142キロ)だった。今年は91〜92マイル(約146〜148キロ)。(球速は)上がっていて、そのことについて話していた」と、昨季以上の仕上がりであることを明かしている。

「ここが自分の居場所」「シカゴとカブスに貢献したい」

 移籍2年目で精神面にも余裕が出てきたようだ。昨年2月に6年総額1億2600万ドル(約137億円)でカブス入り。スプリングトレーニング直前での移籍決定だったため、ダルビッシュは記事で「昨年は誰も知らなかった。孤独に感じた。しかし、今年は多くの人を知っていて、ここが自分の居場所だと感じている。それでよりリラックスできる」と話している。

 この日のブルペン投球が示す通り、昨年9月に受けた右肘のクリーニング手術のリハビリは順調そのもの。同紙は「健康な腕と、チームメートと球団により馴染んだことで、ダルビッシュは2019年の野望を表現することに躊躇しなかった」とし、昨季1勝止まりだった右腕が「去年はカブスに何もすることができなかった。本当にファンとチームが好きなんだ。でも、何もできなかった。シカゴとカブスに貢献したい」と英語で語ったことを伝えている。

 同紙はオープン戦で調整することで右腕の球速が「90マイル台半ば(95マイルなら153キロ)に達するはず」と期待。記事はダルビッシュの「去年よりも体の調子はずっと(良い)。投球も良い。自信を持っている」との言葉で締めくくられている。その言葉通りに、ダルビッシュは復活を果たすのか。圧巻の投球を期待したいところだ。(Full-Count編集部)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索