【MLB】イチロー“レーザービーム”を地元メディアも速報 「観衆は地鳴りのような歓声」

【MLB】イチロー“レーザービーム”を地元メディアも速報 「観衆は地鳴りのような歓声」

MLB公式サイトのグレッグ・ジョンズ記者もレーザービームを速報

 マリナーズのイチロー外野手は18日、「2019 MGM MLB 開幕戦 プレシーズンゲーム」(東京ドーム)巨人戦に「9番・右翼」で先発。3回の守備で、田中の右飛をキャッチするとレーザービーム発動。三塁までノーバウンド送球で二塁走者の進塁を許さなかった好返球を、海外メディアも「帰塁するゲレーロも拍手」「走者釘付けで観衆が地鳴り」と速報している。

 東京ドームが酔いしれた。3回1死二塁のピンチで、イチローが肩で見せた。先発フェルナンデスの9球目を田中が捉え、ライトへの大飛球となった。二塁走者のゲレーロは三塁を伺ったが、背番号51が代名詞とも呼べるレーザービームを発動させた。

 ノーバウンドで矢のようなストライク送球は三塁手ヒーリーのグラブに吸い込まれた。デビューイヤーの2001年4月11日のアスレチックス戦で見せた伝説の捕殺のようなスーパースローに、スタンドは大興奮となったが、海外メディアも反応した。

 MLB公式サイトのグレッグ・ジョンズ記者は自身のツイッターで「アレックス・ゲレーロが二塁にいる間、イチローが右飛をキャッチ。ゲレーロがスタートを切り、進塁の素振りを見せる中、ストライク送球。東京ドームからは巨大な歓声が沸き起こり、ゲレーロも帰塁する間、拍手していた」と速報していた。

 一方、MLBネットワークのデイブ・シムズ氏も「三回裏 無死二塁。イチローは深い右飛をキャッチすると、3塁にストライク炸裂。走者を釘付けにすると、観衆は地鳴りのような歓声を上げた」とツイートした。

 海外のファンもSNS上で「イチロー健在!」「確定 イチロー砲健在なり」と45歳のレーザービームに大興奮状態だった。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索