【MLB】イチロー、巨人2連戦はノーヒット 「1本打ちたかったけどそれは残念」

【MLB】イチロー、巨人2連戦はノーヒット 「1本打ちたかったけどそれは残念」

原監督も拍手を送ったレーザービームに「それは嬉しいね」

 マリナーズのイチロー外野手は18日、「2019 MGM MLB 開幕戦 プレシーズンゲーム」(東京ドーム)巨人戦に「9番・右翼」で先発出場。3打数無安打に終わり24打席連続無安打となった。

 東京ドームに集まったファンに“凱旋安打”をプレゼントすることはできなかったが代名詞の「レーザービーム」を披露しスタンドを沸かせた。

 3回の守備。無死二塁の場面で田中俊の右飛をグラブに収めると、三塁へノーバントのストライク送球。45歳とは思えない精度抜群の返球に球場は大歓声に包まれた。

敵将の原監督も手を叩き喜んだことを伝え聞くと「あーそうですか、ゲレーロは見えたけど原さんは全然分からなかった。それは嬉しいね」と語った。観客を沸かせたレーザーに「フォーシームで握れてない。そりゃもう運だから。でも、もうあんなチャンス、それはね。この2日間であるかどうかわからないから。(打球が)来てくれたので当然ね」と口にした。

 打席では第1打席で一ゴロ、第2打席は見逃し三振、最終打席となった7回の第3打席は中飛に倒れた。プレシーズンゲーム2試合ではヒットを打つことができず「凄い空気がよくて、ヒット1本打ちたかったけどそれは残念でしたね。(集まったファンの雰囲気は)凄いよかったです」と振り返っていた。

 開幕戦に向け気持ちを問われると「それは勝手に高まるから」と、これまでと同様に平常心で2019年シーズンに挑んでいく。(木崎英夫 / Hideo Kizaki)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索