【MLB】マリナーズが巨人に2連勝! イチロー、レーザービームも24打席無安打で開幕へ

【MLB】マリナーズが巨人に2連勝! イチロー、レーザービームも24打席無安打で開幕へ

3回守備ではイチローのレーザービーム炸裂

 マリナーズは18日、東京ドームで行われた「2019 MGM MLB 開幕戦 プレシーズンゲーム」(東京ドーム)巨人戦で6-5と接戦を制した。「9番・右翼」でスタメン出場したイチロー外野手は、3回守備でレーザービームを発動したが、打席では3打数無安打。オープン戦から24打席連続ノーヒットとなった。

 先発マウンドに上がった右腕ヘルナンデスは、2回まで無安打無失点としていたが、3回に先頭ゲレーロに死球を当てると、味方失策も絡んで1点を先制される。4回に味方打線がベッカムの2点タイムリー二塁打などで3点を挙げて逆転。だが、その裏に1死満塁から田中俊に左中間へ2点二塁打を浴びるなど4点を献上し、再逆転を許した。

 試合は終盤まで劣勢が続いたが、7回にハニガーが左中間の看板を直撃する特大2ランで同点とすると、8回にはこの日が誕生日のフレイタスが左翼席へ勝ち越しソロを叩き込んだ。

 イチローは3回に美技で魅せた。無死二塁から田中俊のライトフライを捕球すると、その場から三塁へレーザービーム炸裂。ボールは三塁ベースカバーに入るヒーリーのミットにすっぽり収まるストライク送球で、東京ドームを埋めるファンからどよめきの声が上がった。

 だが、打席では一ゴロ、見逃し三振、中飛と快音は響かず。オープン戦から24打席連続ノーヒットとなった。

 20日に迎えるアスレチックスとの今季開幕戦を前に、この日が最後の実戦となった。チームは終盤に粘りを見せて接戦を制したが、イチローは不安を残す打席内容となってしまった。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索