【MLB】菊池雄星、亡き父に捧ぐ初勝利「最高の父親でしたし、いい報告ができる」

【MLB】菊池雄星、亡き父に捧ぐ初勝利「最高の父親でしたし、いい報告ができる」

「本当に苦しい投球」毎回走者を背負うも5回4失点と粘る

■マリナーズ 6-5 エンゼルス(日本時間21日・アナハイム)

 マリナーズの菊池雄星投手が、待望のメジャー初勝利を掴んだ。20日(日本時間21日)、敵地でのエンゼルス戦に先発し、5回10安打4失点。毎回、走者を背負いながら粘りの投球でリードを守り、バトンを託されたリリーフ陣も冷や汗をかきながら逃げ切った。待望の瞬間を迎えた菊池は「いい報告ができると思います」と、シーズン開幕直後に亡くなった父・雄治さんへの思いを馳せた。

 初回にハニガーの先頭打者本塁打、ボーゲルバックの右翼ポール際への8号ソロで2点の援護をもらい、4回にはゴードンが左翼線への2点適時二塁打を放って2点を加点。5回にはエンカーナシオンがソロと、5回までに打線が5点を奪って援護をもらった。

 「ホッとしているというところが1番ですかね。今日は本当に苦しいピッチングで、初回からなかなかアウト取るのも難しかったです」と振り返ったこの日の投球。3回にプホルスに左翼線への適時二塁打、4回にはコザートの犠飛を許した。3点リードの5回にはルクロイ、グッドウィンの適時打で2点を失い、1点差まで詰め寄られたが、必死にリードを守った。

 9回にスワーザックがプホルスにソロを浴びて1点差に詰め寄られたが、辛くも逃げ切ったマリナーズ。菊池にもメジャー6試合目の先発で初勝利の瞬間が訪れた。アスレチックスとの開幕シリーズを終えた3月31日に父・雄治さんを亡くしていた菊池。日本には戻らず、そのまま戦い続けることを選択。ついに亡き父に捧げるメジャー初白星を手にした。

「早く勝って報告したいという気持ちできましたけど、こうやって苦しんだ分喜びも大きいですし、シーズンはまだまだ長いので、シーズントータルで活躍する姿を報告したいなと思います。1番アメリカに来ることを喜んでくれた父親でしたし、直接、お墓にも行けてない中で、まだ会えるんじゃないかという気持ちがどこかにあったりして……。まだ実感もないのが正直なところ。最高の父親でしたし、いい報告ができると思います」と父への思いを語り、初勝利の味と父との思い出を噛み締めていた。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索