【MLB】「大谷翔平選手、握手いいですか?」フィギュア本田真凜の激励に応える本拠地弾

【MLB】「大谷翔平選手、握手いいですか?」フィギュア本田真凜の激励に応える本拠地弾

休養日に女子フィギュアスケート選手・本田真凜と遭遇し…「握手いいですか?」

■エンゼルス 6-3 ロイヤルズ(日本時間19日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が18日(日本時間19日)、本拠地のロイヤルズ戦で「3番・指名打者」で5試合連続フル出場。6回の第3打席で4試合ぶり一発となる2号2ランを放った。本拠地での本塁打は復帰後初。昨年9月26日(同27日)のレンジャーズ戦以来234日ぶりだ。チームは6-3で快勝。2連勝を飾り、借金1とした。

 ド派手なムーンショットだった。大谷のアナハイムの夜空に高々と舞った白球は、ゆっくりと右翼席へ吸い込まれた。今季2号は234日ぶりの本拠地弾。地元ファンは大熱狂だった。

「いいものですね。盛り上がりも素晴らしいなと思いますし、打つことによって球場全体の雰囲気がよくなるので、より勝つ確率が高くなる。高く上がりましたけど、打った瞬間に行くんじゃないかなと思いました」

 打球速度111マイル(約178.7キロ)、最高到達点152フィート(約46.3メートル)、飛距離393フィート(約120メートル)。一際大きな放物線だった。

 抜群の修正力を発揮した。2点リードの6回1死一塁。ジュニスの初球、内角への146.7キロの直球に対し、両腕をたたんで捉えて4試合ぶりの2号2ランとした。3回2死の第2打席ではジュニスの内角、148.3キロ直球に中飛。「しっかり反応できる準備が出来ていれば十分対応できる。タイミングだけ」と修正し、同じコース、同じ球種を完璧に打ち崩した。右越えへの一発は「らしくない」というものの、確固たる自信を持っている。

「ライト方向へは角度さえ付けば、ある程度当てただけでも入ると思っている。そこまで練習するところではないです。打つというよりもボールにちゃんと(バットが)当たっているだけのこと。特に力む必要なく行くことが大事」

 当てただけで右越え弾――。こんな感覚を持っているのは大谷ぐらいかもしれない。

メジャー通算24本塁打のうち16発が本拠地「打撃練習から一番多く打っている場所。普段通り入れる」

 氷上の妖精の“ゲキ”にも応えた。休養日となった16日。本拠地・アナハイム近郊のショッピングモールへ買い物に出かけた。193センチの自身より30センチほど小さい女性が憧れの眼差しで近づいてくる。女子フィギュアスケートの16年世界ジュニア選手権女王、本田真凜だった。

「大谷選手ですよね? 握手いいですか?」。日本を代表するアスリート2人だが、これが初対面。わずか数秒の出来事だったが、7歳年下の女性アスリートから“激励”された。二刀流は20年シーズンまでお預けで、打者一本。それでも周囲の期待は分かっている。

「徐々に良くなってきていると思います。もちろん100%ではないですけど、それに近づきつつある」。この日のフリー打撃では43スイングで術後最多19本の柵越えと打球も上がってきた。全開宣言はもうすぐそこだ。

 メジャー通算24本塁打。そのうち16本塁打は本拠地アナハイムと“庭”としている。

「打撃練習から一番多く打っている場所なので。打席の景色からいつも通り、普段通り入れる」

 自身の出場した試合は7勝3敗と圧倒的な勝率を誇る。地元ファン、本田真凜の応援を背に受け、これからも豪快なアーチをかっ飛ばしていく。(小谷真弥 / Masaya Kotani)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索