【MLB】大谷の珍出塁を呼んだ“よそ見”一塁手が真相明かす チーム内では“ネタ”に「楽しむよ」

【MLB】大谷の珍出塁を呼んだ“よそ見”一塁手が真相明かす チーム内では“ネタ”に「楽しむよ」

大谷の平凡な投ゴロを一塁手のクロンが“よそ見”でスルー、日米で話題に

 日米で話題となった15日(日本時間16日)、エンゼルス対ツインズ戦で起こった“珍出塁”。大谷が放った平凡な投ゴロを“よそ見”し送球をスルーした一塁手クロンが真相を語っている。ツインズの地元紙「スタートリビューン」が伝えた。

 ツインズ先発のオドリッジが思わず頭を抱えた珍出塁。3回2死から大谷が放った平凡な投ゴロを余裕をもって一塁へ送球。一塁手・クロンはなぜか二塁方向に“よそ見”し送球に反応できずボールはファウルグラウンドへ転々と転がっていった。

 この“笑劇”の一幕についてクロンはツインズの地元紙「スタートリビューン」で真相を語っている。記事では「もちろん僕が悪かった。誰がボールを持っているのかを把握する必要がある。オドが捕球し、僕は捕球する準備ができていなかった」とクロンの謝罪からスタート。

 オドリッジが高く跳ねたゴロを処理した際に二塁手スコープも捕球動作に入る構えを見せていたが「いいや、彼は悪くない。僕が悪いんだ」と自身を責めるクロン。試合後には仲間からいじられることもあったが「慣れたよ。受け入れたんだ。クラブハウスの雰囲気をリラックスさせられるしね。この先ずっとからかわれ続けることは分かっているよ」と、今後も“珍プレー”を背負っていく覚悟を語った。

 また、ロッコ・バルデリ監督のコメントも紹介しており「恐らく我々は、このことをCJ・クロンに思い出させ続けるだろう。CJは面白い男で、自虐的だ。彼はそれについて面白がることに問題ないんだ。だから、我々は楽しむよ」と、クロンの珍プレーを面白がっている様子を伝えている。

 さらに当日の試合では頭を抱えていたオドリッジも「あれは僕が今まで見た中で最もユニークなプレーの1つだった。僕は彼にボールを投げる時に叫んだけど、手遅れだった。珍プレーとして何度も見ることになるだろうね」と語っていた。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索