【MLB】大谷翔平、“珍事”で小休止 本拠地での試合中止は2015年以来、4年ぶり

【MLB】大谷翔平、“珍事”で小休止 本拠地での試合中止は2015年以来、4年ぶり

試合前に降った雨によりグラウンドコンディション不良のため

■エンゼルス – ツインズ(日本時間23日・アナハイム)

 22日(日本時間23日)、エンゼルスタジアムで行われる予定だったエンゼルス対ツインズ戦は雨によるグラウンドコンディション不良により中止となった。代替試合は23日13時(同24日、試合開始5時)から行われる。同球場での中止は15年7月19日のエンゼルス-レッドソックス戦以来、約4年ぶり12度目。球団史上では17度目。

 大谷は21日の同カードで8試合連続フル出場し6回の第3打席で右前打を放ち3試合ぶりの安打、自己最長9試合連続出塁をマークしていた。この日は試合前にオースマス監督が「予定通りの休み。投球が当たった影響はない。(ベンチスタートは)3日前から決まっていた」と説明していた。

 大谷は今季ここまで13試合出場し、52打数13安打の打率.250、2本塁打、8打点。恵みの雨となるか。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索