【MLB】大谷翔平、初回は「オープナー」右腕から四球 「3番・DH」で5戦連続スタメン

【MLB】大谷翔平、初回は「オープナー」右腕から四球 「3番・DH」で5戦連続スタメン

第1打席は右腕スタネクと対戦、いきなり好機で四球を選ぶ

■レイズ – エンゼルス(日本時間17日・タンパ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地でのレイズ戦に「3番・DH」で5試合連続でスタメン出場。第1打席は四球を選んだ。

 大谷は初回、「オープナー」の右腕ライン・スタネク投手と対戦。エンゼルスはラステラ、トラウトがともに初球を打って出塁し、無死一、二塁といきなりチャンスで大谷が打席に入る。父の日で水色の用具を身に着けた大谷は、3球ボールの後にストライクを1球挟み、最後は高めの直球を見極めて四球。満塁へとチャンスを広げた。続くプホルスは右中間への大きな当たりも。右翼手がフェンス手前で捕球して犠飛。エンゼルスが先制した。

 しかし、続くプエーロは遊撃併殺打。試合開始からわずか7球で無死満塁の好機を掴みながら、1点どまりに終わった。

 13日(同14日)のレイズ戦で日本人メジャーリーガーとして初のサイクル安打を達成した大谷。14日(同15日)の同戦でも初回の第1打席で昨季のサイ・ヤング賞左腕ブレイク・スネルから左前打を放ったが、15日(同16日)は三振と内野ゴロ3つに倒れ、4試合ぶりの無安打に倒れていた。

 大谷はこの試合の前まで33試合出場で129打数35安打の打率.271、8本塁打、27打点、OPS(出塁率+長打率).831。サイクル安打を達成した13日(同14日)以来、3試合ぶりのホームランに期待がかかる。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索