【MLB】大谷翔平の二塁進塁阻止を狙ったア軍を名物実況が酷評「何を考えているの?」

【MLB】大谷翔平の二塁進塁阻止を狙ったア軍を名物実況が酷評「何を考えているの?」

5回1死一、二塁でボテボテの投ゴロ→投手が二塁送球→野選→1死満塁にピンチ拡大→3失点

■エンゼルス 9-6 アストロズ(日本時間16日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地のアストロズ戦で今季最長9試合連続スタメン出場。5回の第3打席で四球で出塁し、続くアップトンのボテボテの投ゴロで二塁へ進塁。続くプホルスの右前打で6点目のホームへ滑り込んだが、エンゼルス放送局「FOXスポーツ・ウエスト」は二塁進塁した際の大谷の快足に注目。「大谷の足を侮るな」とばかりに敵軍守備を“酷評”している。

 1点リードした5回1死一、二塁。アップトンの打球は投手・バルデスの前に転がった。左腕は猛ダッシュでチャージして捕球。勢いのまま二塁へ投げたが、タイミングはセーフ。送球は大谷の左足付け根に直撃してしまい、同満塁にピンチに広げた。「FOXスポーツ・ウエスト」の名物実況ビクター・ロハス氏、エンゼルスなどで通算132勝を挙げた解説のマーク・グビザ氏は相手守備に首をかしげた。

実況「(投ゴロで投手が二塁に投げ)何を考えているのでしょうか? 一塁なら簡単にアウトをとっていたことでしょう。1アウト満塁となりました」

解説「オオタニのスピードをもってすれば、(二塁でアウトを取るのは)あり得ませんね。(あの状況で)二塁に投げればバランスも崩しますからね」

 地区首位を快走するアストロズだが、このピンチから3失点。1イニング4失点のビッグイニングを作られ、チームの連勝は2で止まった。5回の4失点は「大谷の足を頭に入れておければ……」と悔やまされる大量失点となった。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索