【高校野球】大船渡の佐々木朗希に米名物記者が早くも注目「すごい投手らしいじゃないか」

【高校野球】大船渡の佐々木朗希に米名物記者が早くも注目「すごい投手らしいじゃないか」

163キロ右腕にパッサン記者が注目「8月に日本に取材にいければ」

 最速163キロ右腕の大船渡高・佐々木朗希投手は今夏、高校野球の話題の中心となっている。その名前はすでに海を越えており、米国の名物コラムニストもその実力に注目しているという。

「私はササキが見たい。すごい投手らしいじゃないか。8月に日本に取材にいければと思う」

 こう語ったのは米「ヤフースポーツ」のジェフ・パッサン氏。エンゼルスの大谷翔平投手にまつわる“公開謝罪”事件で有名になった記者だ。昨季、開幕前のオープン戦で打率.125、防御率27.00と苦しんだ大谷を当時のパッサン氏は酷評。しかし、開幕後の“二刀流センセーション”を受けて「拝啓 ショウヘイ様」と書き出す謝罪コラムを発表し、その潔さから大きな話題を呼んでいた。

 今や大谷を高く評価するパッサン氏だが、大谷級のスーパー右腕と評価される大型右腕に興味津々の様子だった。

 2008年のメジャー開幕戦など日本で2度、取材経験のあるという名物コラムニストだが、「大船渡は東京からどうやってアクセスが便利なんだろう」と未だ見ぬ18歳の100マイル(約161キロ)超え剛腕に心を馳せていた。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索