【MLB】大谷翔平、「ボブルヘッドデー」で主役の座、V打含む20度目マルチ エ軍後半戦負けなし5連勝

【MLB】大谷翔平、「ボブルヘッドデー」で主役の座、V打含む20度目マルチ エ軍後半戦負けなし5連勝

初回の第1打席で先制の適時内野安打、第2打席では痛烈な中前打で今季20度目のマルチ安打

■エンゼルス 7-2 アストロズ(日本時間17日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、本拠地アストロズ戦に「3番・DH」で10試合連続スタメン出場。先制タイムリーを含む4打数2安打1打点1盗塁の活躍を見せ今季20度目のマルチを記録。チームは7-2で勝利し後半戦負けなしの5連勝を飾った。

 大谷は初回、無死一、三塁の好機でメジャー通算92セーブ右腕ロンドンの96マイル(約154キロ)の直球を三遊間へ転がし先制の適時内野安打を放ち今季40打点目をマーク。2回1死走者なしの第2打席では打球速度114マイル(約183キロ)の痛烈な中前打。今季20度目のマルチ安打を記録した。

 第3打席は4回2死走者なしの場面でニゴロ、第4打席は6回2死一、二塁の好機で中飛に倒れたものの、連続出塁も自己最長を更新する「12試合」とした。

 この日は試合前に自身の首振り(ボブルヘッド)人形が来場者先着3万人に配布された“大谷デー”。満員となった本拠地で先制打、今季20度目のマルチも記録するなど主役の座を譲ることはなかった。

 これで大谷は今季58試合に出場し打率.298、14本塁打、40打点。チームも怒涛の5連勝と勢いは止まらない。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索