【MLB】危険タックル外野手への報復死球? 乱闘寸前の騒ぎで大谷もベンチから出てくる

【MLB】危険タックル外野手への報復死球? 乱闘寸前の騒ぎで大谷もベンチから出てくる

エンゼルス-アストロズの一戦で乱闘寸前の騒ぎ、アストロズベンチにプホルスが激怒

■エンゼルス – アストロズ(日本時間17日・アナハイム)

 16日(日本時間17日)のエンゼルス-アストロズの一戦で、乱闘寸前の騒ぎがあった。大谷翔平投手もチームメートと共にベンチから出てくる事態となった。

 エンゼルスの4点リードで迎えた6回、ラミレスの3球目は先頭マリスニックの肩付近への死球に。その後、一塁側のアストロズベンチから文句が出たのか、一塁手のプホルスが激怒。ベンチに向かって何かを言うと、両軍のブルペンから投手陣が飛び出し、ベンチからも選手が出てきた。乱闘にはならなかったものの、場内は一時騒然となった。

 マリスニックは7日(同8日)のヒューストンでの前回対戦で、8回に三塁走者として右飛でタッチアップ。クロスプレーで捕手のルクロイと激しく衝突し、ルクロイは脳震盪と鼻骨骨折の重傷を負った。コリジョンルールで生還は認められなかったものの、エンゼルスのオースマス監督が試合後に激怒する事態となり、マリスニックはMLBから2試合の出場停止処分を受けた。しかし、本人は故意ではなかったとして異議申し立てをし、アストロズの選手たちもマリスニックを擁護していた。

 アストロズは後半戦2カード目でエンゼルスタジアムへ。マリスニックは2試合目で初めて試合に出場し、最初の打席からエンゼルスタジアムにはブーイングが響き渡った。そして、この死球の後には大歓声が湧き上がり「よくやった!」の声が響くなど、不穏な空気に。それでも、マリスニックは直後に二盗を決め、エンゼルスタジアムは再びブーイングに包まれていた。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索