【MLB】大谷一問一答、菊池との対決は「勝った負けたではない」大船渡・佐々木は「凄い」

【MLB】大谷一問一答、菊池との対決は「勝った負けたではない」大船渡・佐々木は「凄い」

渡米後の花巻東対決通算7打数3安打1本塁打2三振

■エンゼルス 9-3 マリナーズ(日本時間22日・シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手が21日(日本時間22日)、敵地でのマリナーズ戦で「3番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で花巻東の先輩にあたる菊池雄星投手から左中間フェンス直撃の二塁打を放つなど5打数2安打1得点だった。4試合ぶり今季22度目のマルチ安打をマークし、チームの大勝に貢献。試合後は菊池との花巻東対決の思いや、高校公式戦で自身に並ぶ最速160キロをマークした大船渡・佐々木朗希投手への思いを語った。

――4試合ぶりマルチ安打で勝利に貢献した。
「チームが勝ったので、まずは良かったですし、感覚も良くはなっているんじゃないかなと思っています」

――菊池と対戦ではファーストストライクから振っていた。
「最後は打ちましたけど、最初の打席も3-2から見逃して、という感じだったので。いい、悪いははっきりしているかなと思います」

――花巻東対決は7打数3安打1本塁打2三振だった。
「結果は結果でやれば出るものなので。打った、打たないはあると思いますけど、来年もあると思うので次に生かせればいいんじゃないかと思いますし、チームとしてはいい感じで攻略できているんじゃないかなと思っているので。十分に良かったんじゃないかなと思っています」

――大谷、菊池の同郷対決を見せられた。
「楽しみにしてくれる人はいるんじゃないかなと思うので。同地区ですし、今後もあると思うので。どっちが勝った、負けたとかではなくて、そういう機会はたくさんあると思うので、頑張りたいなと思っています」

――海を渡った日本人選手としては菊池より先輩だ。菊池が苦しみながら投げている。
「どうですかね……。それこそいい時、悪い時、シーズン通してあると思うので。僕は1年目はそこまで投げられなかったですけど、今の所しっかりローテーションで回っているというだけでも、十分財産になることじゃないかなと思うので。今年1年で終わるわけではないですし、対決もそうですけど、そういう、やることでやれることがあると思うので。僕も今日やってダメなところもありますし、そこを次につなげたいなと思っているので。必ずそういう風に進んでいくんじゃないかなと思います」

大船渡・佐々木が自身に並ぶ高校最速160キロをマーク「僕とは比べ物にならない」

――菊池から打った左中間二塁打の感触は。
「いってほしかったですよね。(バットの)ちょっと先だったので、フェンスは越えなかったですけど」

――左中間への打球は持ち味だ。狙い通りだったか。
「きっちりコースには来ていたので、なかなかそれをフェンスを越えるというのは難しいですけど、比較的いい結果になってくれたんじゃないかなと思います」

――後半戦初長打だった。打球の上がり方などをどう感じていたか。
「上がらないのもありましたし、上がりすぎるのもあったので。この3連戦は比較的悪くはなかったんじゃないかなと思います。最初の1打席目も風で押されたような感じだったので。感覚的にはスタンドに届いていてもおかしくはない感じだったので。悪くはなかったかなと思っています」

――以前、ゴロはタイミングが早いと言っていた。上がりすぎるのは球宴休みでボールを見ていなかったからか。
「オールスター前のアストロズ戦もそこまで良くはなかったので。本塁打になってはくれましたけど、そんな感じかなと思いますね。ずっとすごくいいなというのはなかったので。今も単純にヒットにならなかったりとかいう感じじゃないかなと思っていますね。その中で長打が出てなかったりとか、なかなか打球が上がってなかったとかはあると思うので。そこは1回1回修正していけれらいいんじゃないかなと思います」

――ボールがよく見えていると話している。前日にルブランには結果は出ていない。
「見極めは良かったと思いますね。外も見えてましたし、内もまぁまぁ見えていたと思うので。タイミングは全般的に取れていて。今日もそうでしたけど、比較的に(カウント)3-2が多いので。そこまで持っていった後に、やっぱり最近はゾーンが広い主審が多いので。3-2になった時にそのまま我慢していけるのか、またはそうじゃないか、というのは難しいですし、そこじゃないかなと思いますね。1番は」

――大船渡の佐々木投手が高校最速タイ160キロを出した。映像は見たか。
「(映像は)全然見てないです。凄いですね。凄いですねと言ったら自分が凄いみたいになりますけど……。僕なんかと比べ物にならないと思うので、是非頑張って欲しいですけど……。(甲子園には)是非母校に出て欲しい」

――佐々木は右越えへ決勝2ランを打った。
「そうなんですか。僕はライトに打てないので、教えてほしいです」(木崎英夫 / Hideo Kizaki)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索