【MLB】メジャーを代表する右腕が見る、日本の高校野球の“球数問題”「700球とかは…」

【MLB】メジャーを代表する右腕が見る、日本の高校野球の“球数問題”「700球とかは…」

Full-Countの公式YouTubeチャンネルでインタビュー公開「5日間で700球とかクレイジー…」

 今季途中にインディアンスからレッズに移籍したトレバー・バウアー投手は、5年連続で2桁勝利を挙げているメジャーを代表する右腕だ。Full-Countでは、インディアンス在籍時のバウアーに独占インタビューを敢行。その模様を公式YouTubeチャンネルで3部に分けて公開している。29歳のバウアーは日本の野球にも精通しており、高校野球での投手の球数問題にも言及。甲子園大会に「文化的イベント」と敬意を払う一方、「5日間で700球とかクレイジーだと思う」と指摘した。

 メジャーを代表する右腕は、Full-Countのインタビューに、誠実かつ率直に答えてくれた。独自のトレーニング理論を持つ一方で、ときに変わった言動で話題を集めることもある“鬼才”だが、その素顔は誠実で紳士的。日本選手に敬意を払うバウアーは、日本の高校野球が抱える投手の球数問題についても意見を述べた。
 
「気になるのは肩肘の維持について。日本の高校生は素晴らしいパフォーマンスを見せている。だが、例えば昨日13回を投げて、今日は8回を投げて(2日間で)200球、5日間で700球とかクレイジーだと思う。子供がマウンド上で圧巻の投球を続けていることは、とてもかわいそうなことだと思う」

 一方的な批判ではない。地方の代表が集まる甲子園での全国大会を「重要な文化的イベント。地方の代表として、プライドを持ってプレーしている」と称賛。そのメンタリティーが、各国の代表が集うWBCなどにも通じていると説明する。ただ、自身の高校時代を振り返り、「毎日投げたりして痛みが出たこともあった」と指摘。その経験も踏まえて登板過多には、警鐘を鳴らした。

 今夏は、岩手大会の決勝で大船渡の163キロ右腕・佐々木朗希投手が登板を回避して敗退し、賛否両論を呼んだ。カブスのダルビッシュ有投手はツイッターで日本球界の改革へ向けて多くの投稿を行い、フォロワーから意見を募るなど積極的な動きを見せている。バウアーも日本の高校野球に敬意を払いつつ、改善すべき点はあると考えているようだ。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索