劇的満弾の346億円男ハーパーは「年俸少ない」!? MLB公式の投稿にファン「過大評価」

劇的満弾の346億円男ハーパーは「年俸少ない」!? MLB公式の投稿にファン「過大評価」

9回にスーパースターが劇的サヨナラ満塁弾も…ファン「打率.253。平均的な選手」

■フィリーズ 7-5 カブス(日本時間16日・フィラデルフィア)

 フィリーズのブライス・ハーパー外野手が15日(日本時間16日)、本拠地カブス戦で劇的な逆転サヨナラ満塁弾を放ち、チームを7-5の勝利に導いた。カブスのダルビッシュ有投手に7回まで無得点10三振に抑えられていたが、8回に1点、9回に6点を奪い大逆転勝利。ハーパー自身もダルビッシュ相手に2三振を喫していたものの、最後は5番手左腕のホランドから特大の満塁弾を放った。オフにFAとしてはMLB史上最高額となる13年総額3億3000万ドル(約346億円)の大型契約を結んだスーパースターの劇的な一発を受けて、MLB公式ツイッターは「年俸が少ない」と投稿。すると、ファンからは「過大評価」などと“反対意見”が相次いだ。

 衝撃的な一発だった。4点リードで迎えた9回。フィリーズは2点差に迫ると、1死満塁でハーパーが打席へ。ここでマウンドに上がった左腕ホランドの6球目、内角への95マイル(約152.9キロ)のツーシームを完璧に捉えた。初速113マイル(約181.8キロ)の打球は、右翼ポール際の上段スタンドに着弾。413フィート(約125.9メートル)の特大弾に本拠地は熱狂に包まれた。

 MLB公式ツイッターは、絶叫するハーパーの写真とともに「正直、年俸が少ない」と投稿。千両役者ぶりを称えるつぶやきだったが、フォロワーからは厳しい声が多くあがった。

「多すぎるよ」
「打率.253。平均的な選手」
「もし彼がこれをワールドシリーズでやったのなら、このツイートは完璧だろうね」
「年俸が少ない? ハハ……笑える」
「カブスのブルペンから本塁打を打つのはどれほど難しいのか」
「正直、過大評価されている」
「これだけで3億ドルの価値には全く近づかないよ」

 ハーパーは今季120試合出場で打率.253、25本塁打、87打点、出塁率.374、OPS(出塁率+長打率).864。この日のホームランは圧巻だったが、ファンはさらなる活躍を求めているようだ。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索