【MLB】田中将大、日本人初の6年連続2桁勝利に王手 監督も絶賛「またしても素晴らしい」

【MLB】田中将大、日本人初の6年連続2桁勝利に王手 監督も絶賛「またしても素晴らしい」

NPB時代からは11年連続の2桁勝利に王手「本当に良い投球」

■ヤンキース 3-2 インディアンス(日本時間17日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手は16日(日本時間17日)、本拠地インディアンス戦で7回途中4安打2失点2奪三振無四球と好投し、自身2連勝で今季9勝目(6敗)を挙げた。日本人メジャーリーガーとして初の6年連続2桁勝利、NPB時代からは11年連続の2桁勝利に王手をかけた。アーロン・ブーン監督は試合後に「またしても素晴らしく、重要な登板」と絶賛している。

 田中は初回を9球で3者凡退に仕留めると、ヤンキースはその裏にサンチェス、トーレスのタイムリーで2点を先制。田中は2回1死からラミレスに20号ソロを浴びたが、後続を断った。3、4回も3者凡退。5回も無失点に抑えると、打線がその裏にウルシェラのタイムリーで貴重な追加点を奪った。

 6回を再び3者凡退に抑えた田中は、7回にプイグにソロ弾を浴び、続くラミレスに右翼線への二塁打を浴びたところで降板。ニューヨークのファンからスタンディングオベーションを浴びた。救援陣も好投し、ヤンキースは勝利した。

 試合後、地元テレビ局「YESネットワーク」は公式ツイッターでブーン監督のインタビューを公開。指揮官は田中について「プイグに対してはミスを犯したが、それ以外は本当に良い投球をした。スライダーの切れも本当に良かった。スプリットも調子が良かった」と振り返り、「またしても素晴らしく、重要な登板を彼は見せてくれた」と絶賛した。

 昨季までで、ドジャース、ヤンキースで活躍した黒田博樹氏に並ぶ日本人最長タイの5年連続2桁勝利としている田中。これで、日本人初の6年連続2桁勝利に王手。NPB時代も含めると、楽天3年目からの11年連続2桁勝利にあと1勝となった。日本人現役投手単独トップの白星も日米通算172勝(NPB99勝、MLB73勝)に。田中は30歳にして数々の記録を塗り替えている。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索