【MLB】“天井ツンツン男”、ついに退場処分を受ける「『そんなことしたらいかん』と」

【MLB】“天井ツンツン男”、ついに退場処分を受ける「『そんなことしたらいかん』と」

ヤンキース・ガードナーはダグアウト天井をバットで激しく突いたとして退場処分を受けた

■ヤンキース 6-5 インディアンス(日本時間18日・ニューヨーク)

 ヤンキースのアーロン・ブーン監督、ブレット・ガードナー外野手が17日(日本時間18日)、本拠地のインディアンス戦で退場処分を受けた。6回1死の攻撃でメイビンが外角低めへのフォーシームで見逃し三振に倒れた際に主審のベン・メイへ抗議。ベンチ内から野次を飛ばしていたとみられるブーン監督が主審から退場処分を受けると、ガードナーはダグアウト内の天井をバットで激しく突いていたとして一塁塁審のフィル・カッチから退場を言い渡された。MLB公式サイトではその退場劇の裏側に迫っている。

 前代未聞の退場だ。ガードナーは天井をバットで激しく突いたために退場処分となった。ベテラン外野手はMLB公式で「正直、ちょっとクレイジーだったよ。バットでダグアウトの天井を叩いたことで、僕は退場になったんだ。(叩いてる)音がうるさすぎたのかな。あまり快くはなかったよ。僕の行為(バット突き)によって、退場させられることが妥当だなんて思わなかったよ」と振り返っている。

 先発パクストンの5回のサンタナに対する投球への判定、メイビンの打席での投球の判定が猛抗議の伏線になったという。そして、ブーン監督が退場処分。ガードナーは“怒り”の矛先をダグアウト天井にバットを突くことで解消しようとしたが、これが退場処分につながった。ガードナーは「僕がダグアウトの天井を叩いていると、すぐさまフィルが一塁から走ってきて、ダグアウトにいる僕を指さしながら『そんなことしたらいかん』と伝えてきたんだよ」と振り返った。

 9日の敵地ブルージェイズ戦でも退場処分を受ける数分前に、バットでタグアウトの天井を突いていた。その行為自体には不快感を覚えているファンも多かった。ガードナーは「一塁塁審は僕を退場にした。彼に理由を聞いたんだ。それ(バット突き)はNGだとは、誰も僕には言ってきたことはないよ。他の誰かに向けて何かしたことではないんだ。何も言ってないよ」と話している。

 チームは6-5で競り勝ち、8月は15勝3敗の快進撃。地区優勝へ2位のレイズに10.5ゲーム差をつけて独走している。ブーン監督は「いいかい、我々の役目は正常な状態でプレーをし、一線を越えないことだ。なぜなら、当然のことながら、選手たちには退場を喰らってほしくないのだから。私自身も退場にはなりたくない。しかし、現在の我々のように非常に集中してプレーできている時は、少し熱くなってしまうときもある」と話している。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索