【MLB】菊池雄星、メジャー初完封で56日ぶり5勝目! 日本人4人目の“マダックス”を達成

【MLB】菊池雄星、メジャー初完封で56日ぶり5勝目! 日本人4人目の“マダックス”を達成

敵地ブルージェイズ戦で9回96球8奪三振1四球2安打無失点 9試合56日ぶり5勝目を挙げた

■マリナーズ 7-0 ブルージェイズ(日本時間19日・トロント)

 マリナーズの菊池雄星投手は18日(日本時間19日)、敵地ブルージェイズ戦で先発。メジャー初完封勝利を飾った。わずか96球で2安打8奪三振1四球に封じて今季5勝目。100球未満の完封は殿堂入り名投手にちなんで「マダックス」と呼ばれるが、菊池は05年のブルワーズ・大家友和(98球)、08年のドジャース・黒田博樹(91球)、14年のヤンキース・田中将大(97球)に次いで日本人投手4人目のマダックス達成者となった。

 完璧な投球だった。菊池は初回、先頭・ビシェットから2者連続空振り三振を奪って3者凡退。2回も3人で片付け、3回は先頭・ドゥルーリーに左翼への二塁打を浴びたものの、後続を3人で打ち取った。4回は1死からグリチェクに左前打を許したが、無失点に。5回は先頭・テレスに四球を与えたが、1死一塁からジャンセンを三ゴロ併殺打に仕留めた。

 6回からは4イニング連続で3者凡退に抑えた。先頭打者を出したのは3、5回の2イニングで、得点圏に走者を背負ったのは3回の1イニングだけ。9回96球(ストライク65球)を投げ、8奪三振1四球、2安打無失点。6月23日の本拠地オリオールズ戦以来9試合56日ぶりの5勝目を挙げた。防御率5.19。

 チームは2回にシーガーの16号ソロで先制。4回にはノラの6号ソロ、マーフィーの13号2ランが飛び出すなど4本塁打を含む11安打7得点。7-0で勝利し、2連勝を飾った。

 なお、MLBの日本人投手100球未満完封勝利は以下の通り。

1.黒田博樹(ドジャース)91球(2008年7月7日ブレーブス戦、9回1安打6三振0四死球)

2.菊池雄星(マリナーズ)96球(2019年8月18日ブルージェイズ戦、9回2安打8三振1四球)

3.田中将大(ヤンキース)97球(2014年4月27日レッドソックス戦、9回3安打3三振0四死球)

4.大家友和(ブルワーズ)98球(2005年6月14日デビルレイズ戦、9回9安打6三振1四死球)(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索