【MLB】菊池雄星のメジャー初完封を監督&女房役が絶賛 「大変才能のある投手」

【MLB】菊池雄星のメジャー初完封を監督&女房役が絶賛 「大変才能のある投手」

敵地ブルージェイズ戦で9回96球8奪三振1四球2安打無失点 9試合56日ぶり5勝目を挙げた

■マリナーズ 7-0 ブルージェイズ(日本時間19日・トロント)

 マリナーズの菊池雄星投手は18日(日本時間19日)、敵地ブルージェイズ戦でメジャー初完封勝利を飾った。わずか96球で2安打8奪三振1四球に封じて今季5勝目。100球未満の完封は殿堂入り名投手にちなんで「マダックス」と呼ばれるが、菊池は日本人投手4人目のマダックス達成者となった。メジャー1年目左腕の快投を、スコット・サービス監督、バッテリーを組んだトム・マーフィー捕手はどう見たのか。MLB公式サイトが伝えている。

 菊池は初回、ビシェット、ビジオを2者連続空振り三振で3者凡退の立ち上がり。3回先頭のドゥルーリーに二塁打、4回1死からグリチャックに左前打を許したが、6回からは4イニング連続で3者凡退に抑えた。9回96球(ストライク65球)を投げ、8奪三振1四球、2安打無失点。6月23日の本拠地オリオールズ戦以来9試合56日ぶりの5勝目を挙げた。05年のブルワーズ・大家友和(98球)、08年のドジャース・黒田博樹(91球)、14年のヤンキース・田中将大(97球)に次いでの“マダックス”を達成した。

 首脳陣、同僚から称賛の嵐だった。スコット・サービス監督はMLB公式で「ユウセイは大変才能のある投手であり、我々はそれを分かっている。このような投球をする能力を持っている」と称賛。「誰にでもあるように、厳しい登板となることもあるだろうが、本当に嬉しく、彼のことを誇りに思う。彼はここ何年かと比べて、今年の方が苦戦しているだろうが、学んで向上しようとし続けている」とここまで苦しい投球が続いていた左腕を評価した。

 好リードで完封をアシストしたトム・マーフィー捕手も「僕にとって、全て彼の直球から始まった。彼は安定してストライクゾーン高めに投げていた。それを安定してできたことが、好投につながったんだ」と菊池の終始ストライク先行の投球を絶賛した。

 チームは2回にシーガーの16号ソロで先制。4回にはノラの6号ソロ、マーフィーの13号2ランが飛び出すなど4本塁打を含む11安打7得点。7-0で勝利し、2連勝を飾った。菊池の今季成績は26試合に先発し、5勝8敗、防御率5.19となっている。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索