ロッテ石川が復活4勝目「難しかった」ブルペン待機で得たものとは?

ロッテ石川が復活4勝目「難しかった」ブルペン待機で得たものとは?

今季初2桁11三振を奪い8回6安打2失点 約2か月半ぶりの4勝目を挙げた

■ロッテ 7-3 楽天(20日・ZOZOマリン)

 ロッテ・石川歩投手が20日、楽天戦(ZOZOマリン)で先発。8回6安打2失点、今季最多11奪三振の好投で、6月2日以来となる今季4勝目(5敗)を挙げた。

 先発復帰2戦目。初回から制球された140キロ中盤の直球を主体に、楽天打線を翻弄した。持ち球のシンカーも効果的に使って3回まで4奪三振。打者9人を完璧に抑える最高の立ち上がりを見せた。4回と6回にそれぞれ1点を失うものの、8回111球、6安打2失点。今季初の2桁11奪三振のおまけつきだ。6月2日の西武戦以来、約2か月半ぶりとなる今季4勝目を挙げた。

 久々のお立ち台では「すごい嬉しいです」と素直に喜びを言葉にした。今季最高の投球に「出来過ぎです。柿沼がいいリードをしてくれたと思います」と、先発復帰となった13日の日本ハム戦に続いてバッテリーを組んだ相棒を称えた。

 ここまで苦難の連続だった。初の開幕投手となったものの、4月3日に腰痛で登録抹消。最短10日で復帰し、5月12日に今季初勝利を挙げるも、6月14日には右肘の違和感で登録抹消。現状打破と「本来の投球を取り戻して欲しい」という首脳陣の思いから、再登録後はプロ入り初のリリーフとして連日ブルペンに入った。

「難しかったですし、いい経験になったと思います」。多くの気づきがあったというが、特に再確認したのが「制球力の重要性」だった。「中継ぎの経験が活かされているのは、コントロールですかね。スピードや勢いも大事ですが、コントロールが一番大事だと思います」。この日はその言葉を裏付けるかのように、柿沼がミットを構えたところに、次々ボールが吸い込まれていった。無四球と付け入るスキを与えなかった。

 井口監督は「本来は真っ直ぐでどんどん押していくスタイル。今日は強い真っ直ぐをどんどん行っていましたし、真っ直ぐで攻められれば、シンカーとかもどんどん活きてくる。真っ直ぐが思っているより、行き出したんじゃないかな」と好評価した。石川自身も、春先からこだわり続けている直球の精度について「まあ、投げられていると思います。感覚はいい。スピードを出しに行ってないのがいいのかなと思います」と手応え。それでも、「真っ直ぐ、もうちょっとだと思うんですけど」と、更なる高みを模索するつもりだ。

「(先発が)長いイニングを投げると楽だなっていうのが、中継ぎはあるので『今日は頑張ったな』と思います」と、中継ぎの立場から自身の投球を振り返り、少し頬を緩めた。再び単独4位に浮上したチームをさらに「マウエ↑」へ導くためには、完全復調したエースの存在が不可欠。「これからも安定したピッチングを続けていきたい」と、今後の活躍を誓った。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索