【MLB】大谷翔平、黒ユニに満足「カッコいいなと。白よりいいんじゃないかと思います」

【MLB】大谷翔平、黒ユニに満足「カッコいいなと。白よりいいんじゃないかと思います」

ニックネーム「SHOWTIME」は「聞かれることもなく…」

■アストロズ – エンゼルス(日本時間25日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手が24日(日本時間25日)、敵地アストロズ戦の試合前に取材に応じ、前日からの3連戦で着用している黒の特別ユニホームについて「黒はカッコいいなと思っています。白よりいいんじゃないかなと思っています」と話した。

 メジャーでは23日(同24日)からの3連戦で「プレーヤーズ・ウィークエンド」と題したイベントを実施。3回目を迎える今年はホームチームは真っ白、ビジターチームは真っ黒のユニホームを着用し、背番号の上にはニックネームが並んでいる。この3連戦では、選手はバットやスパイク、ソックスなどに思い思いのデザインを施すことができ、大谷はバットとスパイクを特別に用意。赤と青のカモフラージュ風のデザインの中に、自身のバッティングフォームを模った赤いマークがちりばめられている。

 プレーヤーズ・ウィークエンドで着用するユニホームは毎年好評だが、今年は一転、評判が悪い。中でも、ホームチームが着る白ユニは不評を買っている。ビジターチームとして黒ユニを着ている大谷も「黒はカッコいいなと思っています。白よりいいんじゃないかなと思っています」と淡々と斬り捨てた。

 背中に並ぶニックネーム「SHOWTIME」については、「いやもう聞かれることもなく、そのままそれになりました」と苦笑い。自身のチョイスではなく、気が付いたら決まっていたという事実を明かした。

 前日は200勝投手のザック・グリンキーと初対戦。3打席無安打に終わり、「ちょっと分からないまま終わってしまったなという印象ですけど、まだ何回かはあるかもしれないので、それによってまた印象も変わるんじゃないかと思います。やっぱり全体的には抑えられているので、なかなか崩すまではいけなかったなと」と振り返った。

 この日は4回の第2打席に左腕ウェイド・マイリーから中前打を放ち、今季100安打に到達。日本ハム時代の2016年以来、自身2度目の100安打となった。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索