【MLB】調布リトルはオランダに敗れて世界一ならず「シモンズはオオタニに自慢できる」

【MLB】調布リトルはオランダに敗れて世界一ならず「シモンズはオオタニに自慢できる」

シモンズの母国、オランダ代表キュラソーが世界一「小さな島を代表できることはいつだって最高なこと」

 リトルリーグ世界選手権ワールドシリーズで、日本代表として参加している調布リトル(東京)はオランダ代表のキュラソーと対戦し、4-5で惜敗し、世界一はならなかった。米メディアではエンゼルスの大谷翔平投手とキュラソー出身のアンドレルトン・シモンズ内野手との“チーム内代理戦争”として注目。「シモンズは昨季の新人王に自慢できる」と報じている。

「アンドレルトン・シモンズは母国のリトルリーグワールドシリーズ優勝を誇りに思う」と特集したのは地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」だった。

 24日(日本時間25日)の敵地ミニッツメード・パークで行われたアストロズ戦の前にブルペンで投球練習を終えた大谷。クラブハウスに戻るとシモンズの携帯電話に「おめでとう」と英語でメッセージを送ったという。シモンズは大谷からの祝福に大きな笑顔を浮かべたという。

 このやり取りの2時間前、米ペンシルベニア州ウィリアムズポートで行われたリトルリーグ世界選手権でオランダ代表キュラソーが日本代表の調布を下した。シモンズはエンゼルスのチーム内での母国対決を制した格好となり、記事では「この大会の優勝でエンゼルスのゴールドグラブ賞遊撃手は昨季のア・リーグ新人王に自慢できることになった」と報じている。

 毎年オフにカリブ海に浮かぶキュラソーの自宅に戻り、子供相手にクリニックを開催しているシモンズ。キュラソーはドジャースのケンリー・ジャンセン投手らさまざまな実力者を輩出。オランダはキュラソーの影響で野球強国としても知られているが、シモンズはリトルリーグ世界大会出場経験はない。

「自分は実力不足だったんだ」と冗談めかしたシモンズだが、「子供の頃はあのステージに立つのが夢だった。今ではもっと現実的なものになっている」と母国の子供たちのレベルアップに手応えを示していたという。

「国際大会に出場することを喜んでいるとみんな思う。リトルリーグワールドシリーズで優勝できたし、我々はワールド・ベースボール・クラシックでもいい仕事を続けている。メジャーでも活躍している選手もいる。これからもっと逸材も出てくる。小さな島を代表できることはいつだって最高なことなんだ」

 小さな後輩たちの栄光に、シモンズは胸を張っていたという。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索