鷹、降雨コールドで痛恨2連敗… 宿敵にお付き合いで西武のマジック8に

鷹、降雨コールドで痛恨2連敗… 宿敵にお付き合いで西武のマジック8に

先発ミランダが4回途中3失点KO、救援陣もリード広げられる

■日本ハム 7-2 ソフトバンク(16日・旭川)

 ソフトバンクが痛恨の2連敗を喫した。16日、旭川で行われた日本ハム戦。先発のミランダが4回途中3失点でノックアウトされるなど、投手陣が日本ハム打線に14安打7失点を喫した。5点差とした8回、なおも無死一、二塁のチャンスだったが、ここで降り続いた雨の勢いが強まって、試合が中断。そのまま試合終了となり、無念の降雨コールド負けとなった。

 先発のミランダは3回、近藤に適時打を浴びて先制点を献上。4回には先頭の清宮に中前安打を打たれると、1死二塁から清水には左中間スタンドへの2ラン本塁打を浴びてリードを3点に広げられてノックアウトされた。

 6回には2死一、二塁で松田遼の後を受けた4番手の甲斐野が近藤に2点適時三塁打、中田にも遊撃への適時内野安打を浴びて、この回4点を失った。甲斐野は前日にも4失点しており、2日間で7失点と終盤戦に来て苦しい投球が続いている。

 打線も日本ハム先発の金子弌大の前に沈黙し、奪った得点は6回にグラシアルが放ったソロ本塁打と適時打の2点のみ。8回無死一、二塁で2点目を奪ったところで雨足が強くなって試合が中断となり、そのまま降雨コールドゲームに。首位の西武が敗れており、勝てば、マジック再点灯だったが、お付き合い。首位奪還のチャンスを逃し、西武のマジックが「8」になった。

 日本ハムは3回に近藤の適時打で先制すると、4回には清水の2試合連発の5号2ランで追加点を奪った。6回にはソフトバンクリリーフ陣に猛攻を浴びせ、5連打で4点を加えた。先発の金子弌大は今季最長の7回を投げて6安打1失点と好投で7勝目をマークした。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索