【MLB】イチロー氏は野球史の知識も超一流 戦友証言「匹敵するものは誰もいない」

【MLB】イチロー氏は野球史の知識も超一流 戦友証言「匹敵するものは誰もいない」

通算189本塁打ウィルソン氏「イチローの野球の歴史に関する知識に匹敵するものは誰もいない」

 マリナーズの会長付き特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏は14日(日本時間15日)、球団に貢献し、大きな功績を残した人物に贈られる「フランチャイズ・アチーブメント賞」の授賞式に出席。本拠地T-モバイル・パークでのホワイトソックス戦の試合前に背番号51のユニホーム姿で登場し、英語でのスピーチを行った。かつての戦友、米メディアも稀代のヒットメーカーに敬意を示している。

「私が今までに会った人の中で、イチローの野球の歴史に関する知識に匹敵するものは他に誰もいない」とツイートしたのは、2003年にロッキーズで打点王に輝いたプレストン・ウィルソン氏だ。同氏はメッツ、マーリンズなどでプレーし、通算10年間で1108試合出場、1055安打、189本塁打、668打点、124盗塁を記録。イチロー氏とチームメートとしてプレーすることはなかったが、安打製造機の“野球愛”に感銘を受けた様子だった。

 米経済誌「フォーブス」のモーリー・ブラウン氏は自身のツイッターで「(イチローは)変革を起こせる選手。多くのメディアやファンは、彼のプレーは通用するはずがないと言った。しかし、キャリアを通じて彼のプレーを見ることができたのは素晴らしいことだ。彼ほどプレーする“準備”ができていた選手を、今後我々は2度と目にすることはないかもしれない。彼は有資格初年度で殿堂入りするだろう。私は確信している」と綴った。

「ディー、雄星、今夜は泣くなよ」と笑わせて始まった英語のスピーチは約5分。大きな心で私を受け入れてくれました」と、シアトルのファンに感謝すると「私が知っている最も素晴らしい選手たちと共に、または、そのような選手たちを相手にプレーできたことは、大きな誇りです」とメジャーへの敬意を表した。

 共に戦った戦友、その活躍を伝えてきた米メディア。心に残るイチロー氏の輝きはずっと色褪せることはないだろう。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索