田中将大&菊池雄星は「今季成績以上に活躍している」MLB公式特集、そのワケは?

田中将大&菊池雄星は「今季成績以上に活躍している」MLB公式特集、そのワケは?

田中は防御率1点以上高いも被本塁打率は変わらず、菊池は「今後立ち直らないとはならないだろう」

 レギュラーシーズン162試合と長丁場の米メジャーリーグも終盤戦。すでにドジャース、ブレーブスがポストシーズン進出を決めたが、MLB公式サイトでは「2019年の成績以上の活躍をしている30選手」として特集記事を掲載。日本人選手ではヤンキースの田中将大投手、マリナーズの菊池雄星投手がピックアップされている。

 田中は今季30試合登板し、10勝8敗、防御率4.60。日本人初の6年連続2桁勝利をマークした。昨季は12勝6敗、防御率3.75だった。MLB公式は「彼の(今季の)防御率は昨年よりもほぼ1点以上高い……。しかし、球団はプレーオフで彼のことを信頼することになると、みんな感じていることだろう」とポストシーズンで抜群の勝負強さを発揮していることを紹介。さらに、投球内容に注目。「彼のWHIPは1.26で、被本塁打率は昨年とちょうど同じで、9回あたり1.4本となっている。球界全体でHR数が継続的に増加しているにも関わらずにだ」と指摘した。

 菊池は今季30試合登板、6勝10敗、防御率5.46。記事では「彼のMLB初年度は順調には進んではいない」としつつも、「彼の余りある成功の実績からすると、今後立ち直らないとはならないだろう」と期待。地区最下位のマリナーズは若手選手で再建中。その核となりたいところだ。

 他球団ではアスレチックスのクリス・デービス外野手、アストロズのジョシュ・レディック外野手、ドジャースのジョー・ケリー投手らが挙がっている。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索