【MLB】オルティス氏が銃撃事件の“真相”初めて語る 「もう少しで死ぬところだった」

【MLB】オルティス氏が銃撃事件の“真相”初めて語る 「もう少しで死ぬところだった」

母国ドミニカ共和国での事件から3か月間の沈黙を破り初インタビュー

 元レッドソックスの強打者、デビッド・オルティス氏が母国ドミニカ共和国のクラブで銃撃を受けてから3か月、その事件の“真相”について初めて口を開いた。米メディア「CBSニュース」はそのインタビューの内容を掲載。オルティス氏は時に涙しながら、事の“真相”を語っている。

 オルティス氏は6月、首都サントドミンゴ近郊のクラブで銃撃にあい、腰を貫通する重傷で手術を受けていた。今月9日(日本時間10日)の本拠地フェンウェイ・パークで行われたヤンキース戦では、事件後初めて姿を現し、始球式とスピーチを行った。しかし、詳細が語られるのはこれが初めてのことだ。

 アメリカのスペイン語テレビ局「ユニビション」と地元紙「ボストン・グローブ」のインタビューにそれぞれ応じたオルティス氏は、誰かに狙われるような怪しいことには関わっておらず、自分がターゲットだったとは思っていないと語ったという。

「私に敵はいない。なぜ、こんなことをされたのか理解できない」と「ユニビジョン」に語ったオルティス氏。「私はね、死にかけたんだよ」、「意識不明の状態になって。なのに人々は、まるで私が殺されても仕方がないというように批判していた」と目に涙を浮かべながら話したという。

 また、「ボストン・グローブ」のインタビューでは、「これは、道で撃たれても2分後には元通りになっているような映画の中での話ではない、ということを理解してほしい」、「私は撃たれて、もう少しで死ぬところだった。命は1つしかない。薬局に行って、命をもう1つ買うわけにはいかないのだから」と事の大きさを強調していた。

 手術後の回復はスローペースで、その間に危険な細菌性感染症も起こし、「望みを失いそうになった」と「ボストン・グローブ」に語ったオルティス氏。奇跡の復活を遂げ、その意識は真相解明に向かっている。

同事件ではすでに12人の逮捕者が出ている

「CBSニュース」によれば、この事件では12人以上の逮捕者が出ており、オルティス氏は元ボストン市警本部長を雇ったという。米「ヤフースポーツ」が報じたところでは、当初オルティス氏は「狙われて撃たれた」と報道されたものの、捜査当局はすぐに取り消し。人違いで銃撃されたと発表したが、オルティス氏はこれに納得していないようだ。

 オルティス氏は「誰の仕業が解明したい」、「もし、誰かが僕を殺したと思っているなら、何もしないで待っているようなことはしない」と「ボストン・グローブ」に語った。

 地元メディア「CBSボストン」によると、オルティス氏は、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリストとしての役目を10月のプレーオフから再開する。またサンクスギビングまでには完全に回復できるだろうとの見立てだという。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索