【MLB】田中将大、PSは先発4番手&イニング限定? 指揮官「少しばかり型破りなやり方で…」

【MLB】田中将大、PSは先発4番手&イニング限定? 指揮官「少しばかり型破りなやり方で…」

ブーン監督は「伝統的な起用法となる先発投手はパクストンだけかも」と示唆

 ポストシーズンでメジャー史上歴代5位の防御率1.50を記録しているヤンキースの田中将大投手。大舞台での強さに定評が高いが、アーロン・ブーン監督は「伝統的な起用法となる先発投手はパクストンだけかもしれない」と示唆。今季不安定な日本人右腕について、先発4番手でイニング数限定登板となる可能性を示唆している。米誌「スポーツ・イラストレイテッド」が報じている。

 2009年以来のワールドシリーズ制覇を目指すヤンキース。ブーン監督は10月に栄光を勝ち取るための秘策の一端を明らかにしたという。

「我々は少しばかり型破りなやり方で行くことになる。伝統的な起用法となる唯一のスターターはパクストンだけかもしれない」

 指揮官はこう語ったという。今季は14勝6敗、防御率3.88で唯一の3点台を記録している左腕パクストンだけが、できるだけ長いイニングを託す方針。それ以外の先発投手は守護神アロルディス・チャップマン、ザック・ブリトンらメジャー最強と呼ばれるブルペンにつなぐための限定回数になるという。

「伝統通りなら、先発投手はできるだけ長いイニングを投げることをブーンは意味している。その代わり、ニューヨークは先発投手と6人の鍵となるリリーバーで全試合のシナリオを構成する準備がある」と記事では報じている。

ポストシーズンでは先発投手のイニングが短縮傾向に

 ポストシーズンで先発投手のイニング短縮傾向は近年進んでいるようで、昨季レッドソックスはPSで先発投手が相手ラインナップ3巡目に当たる打者27人を一度も投げ切らなかった唯一のワールドシリーズ優勝チームに。

 過去2シーズンのポストシーズンでは142試合で、先発投手が3巡目を投げ切った試合はわずか8試合。うち3試合はアストロズの剛腕ジャスティン・バーランダー投手が占めていたという。

 この割合はわずか6パーセントで、2007年と08年の29パーセント、1997年と98年の45パーセントと比較すると、先発投手のイニング数減少傾向は顕著だという。

 そして、今季は3巡目の長打率が過去最高の・471まで上昇しているデータも紹介。そして、ヤンキース先発陣は3巡目相手の最大の被害者だという。相手打線は長打率と出塁率を合算した指標OPSでメジャー最高となる.920を記録しているという。

 最後にア・リーグ地区シリーズでのヤンキースの先発ローテを予想。初戦はパクストンで、田中は4番手と予想されている。「4試合目がタナカとハップだ。ブーンはタナカの役割について、フローターになるかもしれないと発言している。右腕と左腕のタンデムだ」と記事では分析。左腕JA・ハップとともに試合序盤のイニングを分かち合うことになるのでは、と予想している。

 PSなど大舞台に滅法強い田中は今季10勝8敗ながら、防御率はキャリア最悪の4.60。安定感を欠いている日本人右腕だが、持ち前の勝負強さを示すことができるだろうか。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索